Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/292-fbbfe79a

トラックバック

コメント

[C4330]

何かと出費がかさみますね~
でも快方に向かいつつあるようで、なによりです。

うちの獣医さんも基本的に臨床的に元気であれば(ひゃほ~っと遊びまわっていれば)心配しなくていい、という態度です。

もどしたり、吐いたりするときは、うちは絶食させて様子を見ます。ホメオパシーのレメディを与えることもありますけど・・・

明日はエンジン全開にもどってくれますように・・

[C4334] ふむふむ

全て何事もなかったということで、結果オーライと考えましょうかね。
わが子のちょっとした変化におろおろしてしまうのは、親の常ですわ。
出費もお勉強代ですわね。
うちらは獣医さんがいないから、
じっと1週間ぐらい様子を見るしか手はないです。
ネットで下痢の薬を頼んでも1週間はかかるし。。
たいがいは1週間以内で治りますね。
お大事に。

[C4335]

あらら~、ぴっぴちゃんたいへんでしたね。
何かあった時には、落ち着こうと思ってもうろたえちゃうわね。
でも、検査結果は問題がなくて良かった。
プロバイオティクスって、良さそうね。
ズッコのマミィさんはいろいろ研究していらっしゃるから、勉強になりますよ。ありがとう。

ぴっぴちゃんおだいじにね~。
  • 2009-11-30 04:34
  • えるまーる
  • URL
  • 編集

[C4336]

うーん、マミィの前ではグタァ~、病院に行くとケロッ。
おちょくられてる?....なんてことは無いでしょうが、
やっぱりヒートのストレスかもね。
隔離とか普段の生活と違うのも原因かも。
でもちゃんと診察・検査をしてもらうのは賢明だよね。
何かあってからじゃ取り返しがつかないから。

[C4337]

ぴっぴちゃん、検査の結果は何も問題なくてよかったわ。
ヒートのストレスってスゴイんですね。
ぴっぴちゃん、頑張れ~。
食欲が出て、ウンPが固まりになるよう祈ってます。
何かあったら検査も必要ですよ~。
どこが痛いっていえないにゃんこ、検査で原因を確かめるのって大切ですよね。
ぴっぴちゃん、お大事に。
マミィさん、大変だけどがんばってくださいね。
「ぴっぴたんはへいき」になりますように。

[C4338] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C4339]

ピッピちゃん、ちょっと具合よくなったみたいでよかったです。
やっぱりショーですごく疲れたんじゃないですか?
食欲がなくて下痢もすると心配しますよね。
慌てる気持ちすごくよくわかります。
猫って血管を収縮したりできるんですか?(@_@)
ほんとに猫の本能ってすごいですね。
早くいつもの元気印のピッピちゃんに戻ってね。

[C4341] ●tieta4uさんへのお返事

おかげさまで、ピッピ復活しました。

猫は言葉を話さない(私たちが猫語が分からない)ので、
削除法で可能性のあるものの検査をして、バツをつけて行くしかないんですよね。
先生は午前中は検査でストレスかけるのも良くないので
様子を見ましょうってことだったんだけど、
午後に行った時はどっちかというと、私を安心させるために検査してくれた感じでした。

今回は関係ないズッピーのワクチンとゴマチンの尿検査もあったので、
高くつきましたけど、安心料ってことですね。
同じお金払うのでも、治療より予防の方がいいですもんね。
  • 2009-11-30 10:28
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C4342] 復活おめでとう

最初のヒートのときはかなり猫にとって
つらいときいたことがあります。
っていっても猫に聞いたんじゃないけど(当たり前だ)。
だから、体がいろいろと疲れていたのね。
お疲れ様。
うちの場合は病院だいっきらい男で、
下手するとキャリーの中でだけ問診、
といういてもいなくてもいいような診断(推測?)に
なる騒ぎなので、本当、こないだ泡を吐いたときには
ちょっと動揺したのです。
深夜でもやってる夜間診療のところに
かけようとしたけど、とにかく、
めんまは薬を飲んでくれるので、
胃薬を飲ませて...
その後は落ち着いたので病院に行かず。
ぴっぴちゃんみたいに、落ち着いてお医者さんに
見ていただけると、とっさのときには安心ですよね。
うちのみたいのだとものすごいストレスでどっかが
おかしくなるかも(病院に行く途中心停止して
なくなった病院嫌いの猫の話もあり...)
だし、その点ぴっぴちゃんはマミィたちが
お医者さんに頼っても、そんなにはストレスじゃないと思うので
よかったんじゃないかなーと思います。

とにかく、復活おめでとう!ぴっぴ姫。
  • 2009-11-30 10:31
  • めんまねえちゃん
  • URL
  • 編集

[C4343] ●おかパンさんへのお返事

ぴっぴが復活してくれたので、心の重荷がおりました。
家庭の(猫の)医学書とか読むと、常に最悪のことしか書いてないから
あたふたしてしまいましたよ。

ロリッヒが原因でしたので、次はもうちょっと落ち着いて対処できると思うけど、やっぱりその時にならないとわかりませんね、こればかりは…

獣医さんにすぐに行けない、というのはネックですよね。
様子を見るっていうのも大切なことだと実感しました(でも心配ー!)。
  • 2009-11-30 10:32
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C4344] ●えるまーるさんへのお返事

ズッピー屋ゴマチンが2-3日食べなくっても、蓄えがあるから平気ー
って思うんでしょうけど、ちびっこなぴっぴだったのでおろおろしちゃいましたよ。
検査はすべて完璧!だったので安心でしたが、
プロバイオティクスってヨーグルトみたいなもんですよね。
猫ちゃんには乳製品にアレルギー反応する子もいるらしいので、
フードに混ぜられるプロバイオティクスは便利ですよ。
人間と同じで腸内環境って大切ですから。

ピッピ、完全に復活して走り回ってます。
ありがとうございました。
  • 2009-11-30 10:37
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C4345] ●ANKOさんへのお返事

今回は私の過剰な心配だったかも。
午後連れて行った時は、診察台の上でご機嫌にゴロゴロしてて
私、とうちゃん、獣医さんとも「あれ?」って感じでしたから。
原因はヒートでした。
ヒートが終わったら、食欲モリモリ、あっちこっちすっ飛んでます。
やれやれ…

ヒート隔離はすごく寂しかったみたいなので(私屋ゴマチンは
一緒にいてあげたけどにいたんに会いたかったみたい)、
対策考えなくては。
又勉強の日々になりそうですよー。
  • 2009-11-30 10:40
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C4346] ●モカさんへのお返事

うん、ヒートのストレスってすごいみたいですね。
ヒートが終わったピッピは先週のピッピとは別猫です。
食欲は戻ったので、うんPが硬くなるよう祈ってます。

検査結果は異常なし、完璧!でした。
検査結果が良好なたびに手作りフードの再確認みたいな感じで、安心します。

あーん・・・「ぴっぴたんはへき」やりたーーーーい!
  • 2009-11-30 10:44
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C4347] ●猫やしきさんへのお返事

ヒートが治まって一晩寝たらけろっとして、
食欲は戻ったし、思いっきり遊んでるし…
アレは何だったの?って感じ。

獣医さんの診察台で先生が尻尾の付け根を触ったら
重いきりお尻を高くしたので「うーむ、ふしだらな奴め」と一言。
それを聞いたとうちゃん「先生、言葉には気をつけてよ」。
可愛い娘にそんな事言われてー!って感じでしたよ(親ばか…ははは)。

猫の事って未だにわからない事が沢山あるそうですよ。
ゴロゴロとのどを鳴らすのも、その仕組みはまだ完全に解明されていないそうです。
心配していただいてありがとうございました。
  • 2009-11-30 10:50
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C4349] ●めんまねえちゃんへのお返事

ご心配していただいて、ありがとう。
先代猫がビビりだったので(特に車での移動)獣医さんに連れて行く時は
悩みましたよー。
口呼吸して、涎垂らすし、うんP洩らしちゃうし…
それに比べると、バンチームは「わーい、お出かけ~!」のノリなので楽です。
獣医さんでもリラックスしているから、心音とかが早まったりもしないし
落ち着いた状態で問診できるからラッキーですよ。
私の方が少し落ち着かなくては…ですね。
  • 2009-11-30 10:56
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ピッピの様子

皆さま、ピッピのことご心配くださりありがとうございました。
少しずつですが平常に戻りつつあります。

pippi (2)



ぴっぴはショーから帰って来て、すぐに初めてのヒートが始まり、
食欲が落ちたのですが、これはヒートの時には普通らしいので様子を見ていたら、
いきなりお水のようなゲリっP。
プロバイオティックスを多めに水で薄めてシリンジで与えたのだけど、すぐに全部吐いちゃった。
猫って無理やり何かを飲ませると「毒を盛られた」と思って、吐くことがあるそうですね。
先代猫は採血の時に、思いっきり血管を収縮させて血を採らせてくれませんでした。
そういうことまでコントロールできるなんてにゃんこのサバイバル本能恐るべし!
ってか獣医さん泣かせです…
結局、プロバイオティクスを飲ませてもゲリッPが続いていました

ぴっぴは夜私たちと一緒に寝ているのですが(ヒートで隔離中なので)、
朝方ブリブリーッと言う音で慌てて目を覚ましたら、ピッピが又水うんPをしてる…
音で起きなくっても、たぶんその臭さで目が覚めたと思う。
で、電気をつけたとたんにゲロッP。
吐いたのは白い泡…
きゃーん!!!
この時点で獣医さん決定~!!

pippi coda1


この日は担当の先生が出張診察(心臓、エコーの専門家でひっぱりだこなため
救急病院に出張診察してる)だっため、クリニックの院長先生に診てもらうことになりました。
診察台に乗っても、なんかルンルン気分なぴっぴは熱もなく聴診も異常なし。
ゴロゴロ喉も鳴らして上機嫌だし錠剤のプロバイオティクスをあげて様子を
見ようと言うことに…




ワクチン接種で一緒に連れて行ったズッピーは、キャリーから診察台に「ばびーん!」と
飛びだすとまた脱走を図ろうとするし、ワクチンを取りに別の部屋に行った先生を、
診察台の上で、へそ天おっぴろげ~で待っていたので、「こらー、おまえは患者なんだぞー!
態度をわきまえなさい!」と釘を刺されてました。
先生は「こんな猫初めて見た。素晴らしい!!」と大絶賛でした。


処方されたプロバイオティックスが薬局で取り寄せで夕方5時まで待たなくてはならなかったので、
様子を見ていたら、午前中どたばた遊んでいたピッピがなんとなく元気がない感じ…
先生に電話したら、おもちゃに反応せずゴロゴロ喉も鳴らさないなら連れて来て!ということになり
とうちゃんに大急ぎで帰って来てもらって、再び一緒にクリニックへ。

ところが車に乗ったとたん、ピッピはゴロゴロ喉鳴らしてご機嫌…
おいおいおい、話が違うじゃなーい!!
クリニックについても、又してもルンルンで熱なし、聴診異常なし。
先生がちょこちょこと胃のあたりを押したら、げろっPをしました。
吐くものなんてないはず、と思ったら、なんとたっぷりとフードを吐きやがった!
ちょっと!いつの間に食べてたのよ~!って感じの量で驚きました。
ってか先生にも「たっぷり食べて爆睡してたのが具合悪く見えたのかも」って言われるし…
う…そうだったかも…。


ゲリっPは続いていたので、何か誤食をしていないか確認するためにレントゲン撮影。
異常なし…
血液検査も完璧。
先生から「すべての数値が平均値の平均でパーフェクト!」とお墨付きでした。
ショーで何かの病気に感染したのではないかと思ったけれど、熱もないし感染症にしては
潜伏期間が短すぎるとのこと…


やっぱりヒートのストレスらしい。
先生は必要がない限り抗生剤や薬品の処方をしない方針なので、
プロバイオティクスを飲ませ(でっかい錠剤の半分が1回分なんだけど、
半分を4つに割ってやっと飲める感じ)しばらく様子を見ることになりました。
このクリニックは24時間体制なので、何かあってもいつでも電話対応、診察してもらえるし。
診察中にも出張中の担当の先生がぴっぴの様子を知るために何度も電話をかけてきて
くれました(良い先生に恵まれてありがたいです)。


相変わらず食べ物は口にしないけど(デンタルチュウは1個だけ食べてくれました)
気分も上々で遊ぶし飛ぶし…
夕方にやっと形のあるミニミニうんPをしてくださいました。
プロバイオティックスが効いた??
ひゃっほうー♪


あとは頑張って何か食べてもらわないとー!!
(昨日の夜からちょっぴりズつ食べて食えるようになりました)。
ひょっとしてパリスったらショーでかっちょいいスリムなにゃん子たちを見て
スリムボディを保つために絶食してるとかー???


このあいだGaviちゃんのお姉ちゃんとも話していたけれど、猫に不安を与えないためにも
何か合った時には冷静に対応できるようしなくちゃね…なんて話をしていたけど
今回も1日2回も獣医さんに駆け込む慌てぶり。
しかも2回目はフードも食べていたと言う…
あー、まだ修行が必要ですね。


採りえずピッピはヒートは一段落しました。
と同時に食べ始めたので、やっぱりヒートが原因だったのかな?

pippi (5)



今回の診察料
ズッコの検診とワクチン 35ユーロ
ぴっぴの検診      30ユーロ
ぴっぴレントゲン    40ユーロ
ピッピ血液検査     20ユーロ
ゴマチンの尿検査    20ユーロ
尿精密検査(外注)    30ユーロ
合計          175ユーロ

ゴマチンの尿検査はコントロールのためです(結果すべてOK)






どーもお騒がせしました。
ぽちっと願いしまーす。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/292-fbbfe79a

トラックバック

コメント

[C4330]

何かと出費がかさみますね~
でも快方に向かいつつあるようで、なによりです。

うちの獣医さんも基本的に臨床的に元気であれば(ひゃほ~っと遊びまわっていれば)心配しなくていい、という態度です。

もどしたり、吐いたりするときは、うちは絶食させて様子を見ます。ホメオパシーのレメディを与えることもありますけど・・・

明日はエンジン全開にもどってくれますように・・

[C4334] ふむふむ

全て何事もなかったということで、結果オーライと考えましょうかね。
わが子のちょっとした変化におろおろしてしまうのは、親の常ですわ。
出費もお勉強代ですわね。
うちらは獣医さんがいないから、
じっと1週間ぐらい様子を見るしか手はないです。
ネットで下痢の薬を頼んでも1週間はかかるし。。
たいがいは1週間以内で治りますね。
お大事に。

[C4335]

あらら~、ぴっぴちゃんたいへんでしたね。
何かあった時には、落ち着こうと思ってもうろたえちゃうわね。
でも、検査結果は問題がなくて良かった。
プロバイオティクスって、良さそうね。
ズッコのマミィさんはいろいろ研究していらっしゃるから、勉強になりますよ。ありがとう。

ぴっぴちゃんおだいじにね~。
  • 2009-11-30 04:34
  • えるまーる
  • URL
  • 編集

[C4336]

うーん、マミィの前ではグタァ~、病院に行くとケロッ。
おちょくられてる?....なんてことは無いでしょうが、
やっぱりヒートのストレスかもね。
隔離とか普段の生活と違うのも原因かも。
でもちゃんと診察・検査をしてもらうのは賢明だよね。
何かあってからじゃ取り返しがつかないから。

[C4337]

ぴっぴちゃん、検査の結果は何も問題なくてよかったわ。
ヒートのストレスってスゴイんですね。
ぴっぴちゃん、頑張れ~。
食欲が出て、ウンPが固まりになるよう祈ってます。
何かあったら検査も必要ですよ~。
どこが痛いっていえないにゃんこ、検査で原因を確かめるのって大切ですよね。
ぴっぴちゃん、お大事に。
マミィさん、大変だけどがんばってくださいね。
「ぴっぴたんはへいき」になりますように。

[C4338] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C4339]

ピッピちゃん、ちょっと具合よくなったみたいでよかったです。
やっぱりショーですごく疲れたんじゃないですか?
食欲がなくて下痢もすると心配しますよね。
慌てる気持ちすごくよくわかります。
猫って血管を収縮したりできるんですか?(@_@)
ほんとに猫の本能ってすごいですね。
早くいつもの元気印のピッピちゃんに戻ってね。

[C4341] ●tieta4uさんへのお返事

おかげさまで、ピッピ復活しました。

猫は言葉を話さない(私たちが猫語が分からない)ので、
削除法で可能性のあるものの検査をして、バツをつけて行くしかないんですよね。
先生は午前中は検査でストレスかけるのも良くないので
様子を見ましょうってことだったんだけど、
午後に行った時はどっちかというと、私を安心させるために検査してくれた感じでした。

今回は関係ないズッピーのワクチンとゴマチンの尿検査もあったので、
高くつきましたけど、安心料ってことですね。
同じお金払うのでも、治療より予防の方がいいですもんね。
  • 2009-11-30 10:28
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C4342] 復活おめでとう

最初のヒートのときはかなり猫にとって
つらいときいたことがあります。
っていっても猫に聞いたんじゃないけど(当たり前だ)。
だから、体がいろいろと疲れていたのね。
お疲れ様。
うちの場合は病院だいっきらい男で、
下手するとキャリーの中でだけ問診、
といういてもいなくてもいいような診断(推測?)に
なる騒ぎなので、本当、こないだ泡を吐いたときには
ちょっと動揺したのです。
深夜でもやってる夜間診療のところに
かけようとしたけど、とにかく、
めんまは薬を飲んでくれるので、
胃薬を飲ませて...
その後は落ち着いたので病院に行かず。
ぴっぴちゃんみたいに、落ち着いてお医者さんに
見ていただけると、とっさのときには安心ですよね。
うちのみたいのだとものすごいストレスでどっかが
おかしくなるかも(病院に行く途中心停止して
なくなった病院嫌いの猫の話もあり...)
だし、その点ぴっぴちゃんはマミィたちが
お医者さんに頼っても、そんなにはストレスじゃないと思うので
よかったんじゃないかなーと思います。

とにかく、復活おめでとう!ぴっぴ姫。
  • 2009-11-30 10:31
  • めんまねえちゃん
  • URL
  • 編集

[C4343] ●おかパンさんへのお返事

ぴっぴが復活してくれたので、心の重荷がおりました。
家庭の(猫の)医学書とか読むと、常に最悪のことしか書いてないから
あたふたしてしまいましたよ。

ロリッヒが原因でしたので、次はもうちょっと落ち着いて対処できると思うけど、やっぱりその時にならないとわかりませんね、こればかりは…

獣医さんにすぐに行けない、というのはネックですよね。
様子を見るっていうのも大切なことだと実感しました(でも心配ー!)。
  • 2009-11-30 10:32
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C4344] ●えるまーるさんへのお返事

ズッピー屋ゴマチンが2-3日食べなくっても、蓄えがあるから平気ー
って思うんでしょうけど、ちびっこなぴっぴだったのでおろおろしちゃいましたよ。
検査はすべて完璧!だったので安心でしたが、
プロバイオティクスってヨーグルトみたいなもんですよね。
猫ちゃんには乳製品にアレルギー反応する子もいるらしいので、
フードに混ぜられるプロバイオティクスは便利ですよ。
人間と同じで腸内環境って大切ですから。

ピッピ、完全に復活して走り回ってます。
ありがとうございました。
  • 2009-11-30 10:37
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C4345] ●ANKOさんへのお返事

今回は私の過剰な心配だったかも。
午後連れて行った時は、診察台の上でご機嫌にゴロゴロしてて
私、とうちゃん、獣医さんとも「あれ?」って感じでしたから。
原因はヒートでした。
ヒートが終わったら、食欲モリモリ、あっちこっちすっ飛んでます。
やれやれ…

ヒート隔離はすごく寂しかったみたいなので(私屋ゴマチンは
一緒にいてあげたけどにいたんに会いたかったみたい)、
対策考えなくては。
又勉強の日々になりそうですよー。
  • 2009-11-30 10:40
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C4346] ●モカさんへのお返事

うん、ヒートのストレスってすごいみたいですね。
ヒートが終わったピッピは先週のピッピとは別猫です。
食欲は戻ったので、うんPが硬くなるよう祈ってます。

検査結果は異常なし、完璧!でした。
検査結果が良好なたびに手作りフードの再確認みたいな感じで、安心します。

あーん・・・「ぴっぴたんはへき」やりたーーーーい!
  • 2009-11-30 10:44
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C4347] ●猫やしきさんへのお返事

ヒートが治まって一晩寝たらけろっとして、
食欲は戻ったし、思いっきり遊んでるし…
アレは何だったの?って感じ。

獣医さんの診察台で先生が尻尾の付け根を触ったら
重いきりお尻を高くしたので「うーむ、ふしだらな奴め」と一言。
それを聞いたとうちゃん「先生、言葉には気をつけてよ」。
可愛い娘にそんな事言われてー!って感じでしたよ(親ばか…ははは)。

猫の事って未だにわからない事が沢山あるそうですよ。
ゴロゴロとのどを鳴らすのも、その仕組みはまだ完全に解明されていないそうです。
心配していただいてありがとうございました。
  • 2009-11-30 10:50
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C4349] ●めんまねえちゃんへのお返事

ご心配していただいて、ありがとう。
先代猫がビビりだったので(特に車での移動)獣医さんに連れて行く時は
悩みましたよー。
口呼吸して、涎垂らすし、うんP洩らしちゃうし…
それに比べると、バンチームは「わーい、お出かけ~!」のノリなので楽です。
獣医さんでもリラックスしているから、心音とかが早まったりもしないし
落ち着いた状態で問診できるからラッキーですよ。
私の方が少し落ち着かなくては…ですね。
  • 2009-11-30 10:56
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

過去ブログ

http://zukkorin.exblog.jp
から引っ越してきました。

参加ランキング

にほんブログ村 猫ブログへ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

怪獣たちのプロフィール



ズッコ (ズッコピー、ズッピー)♂
2008年8月28日生
ターキッシュヴァンキャット
(クリーム/ホワイト)


ゴマシオ(ゴマチン、おやびん)♀
2003年11月生
元野良ちん
(牛柄、月面模様、背番号3番)


ピッピ (パリス)♀
2009年3月17日生
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

★組怪獣
可愛い写真は「家族の紹介」で見てね

ヴォルフィ (ボンボ)♂
1989年9月9日-2008年12月19日
19歳4ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)


スタンツィ (タッタ)♀
1989年9月20日-2008年10月14日
19歳1ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

飼い主のプロフィール

ズッコのマミィ

Author:ズッコのマミィ

WINN FELINE FOUNDATION

Every Day, Every Catがモットーの、猫の健康を向上するためのリサーチのサポートをする基金です


NPO法人 ペット里親会

ブリーダーの虐待を阻止しよう
urawa.gif

いつでも里親募集中

一匹でも多くの子が幸せになれるように
いつでも里親募集中

全国助成金リスト

犬・猫の避妊及び去勢手術に対する全国市町村助成金リスト
120x60_08.png

LAV - イタリアの動物愛護協会

色々なキャンペーンを提案しています
LAV.jpg

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

巨猫団

遂にズッピーも入団
024.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。