Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/36-38bcc021

トラックバック

コメント

[C293]

げっ
魚は要注意なのか~
う~ん もっと肉を食べさせるようにしなければ・・・
頼むからもっと肉を食べてくれー!
ちょっとでも入っているとふんっと拒否されるんですよね。
食べても一日だけとか・・・
あぁ なんとかしてくれ~

[C294]

成分を見ると、カンガルーもかなり優秀です。
コレステロール/マグネシウム/ナトリウムが低く、ビタミンB/Eが豊富。
こちらは日本ではネット通販で簡単に手に入るので、助かります。
馬/鹿肉も比較的安価で簡単に手に入りますが、ウサギの方が手に入らない^^;
お国柄でしょうかね?

あ、昨夜もコナンはカンガルー撃沈><加熱してもダメでした。
魚は色々栄養上、猫には適さないと聞いていたので、
キャットフード以外は与えた事は無いですね。
コナンは魚派だろうけど、一度与えると増々肉嫌いになりそうなので、
これは却下して、トリ系で考えてみようかな~

[C295]

私も生肉をあげるにあたって、どのお肉を?と
結構悩みました。
ANKOさんも言ってるけど日本ではうさぎ肉て馴染みがあまりないんですよね。
私も今のところ1社しか取扱い知らないんです。
前にGaviちゃんも紹介してたかもしれないお店です。
そこではミンチと一羽まるごとを取り扱ってます。
ジューサーでも砕けるかな?と思いつつまだ購入にはいたってません。
あと気になるのは「うずらちゃん」と「ベニソンさん」ですかね。
(うさぎを扱ってるお店とは別になります)
やはり同じくミンチ状になってたり赤身ぶつ切りだったり・・・
業者さんに調理状態(衛星状態)を聞いて取り入れてみようかな?
もう一度マミィに教えてもらったサイトの情報や本を参考に必要なサプリも
見直してみます。



[C296]

こんにちは!
鶏肉がいいのは人間だけ、と読んでなるほどぉ。
猫と人間では必用なものが違うんですね。
先日、猫息子に少しだけですが生の豚肉を掠め取られて食べられてしまいました。
獣医さんに豚肉は生でも焼いても良くないですよと注意されました^^;
ウチはカリカリだけですが、時には猫に安心な生肉も必用ですね。

リンクと「猫怪獣図鑑」のご紹介をありがとうございました。
こちらからもリンクさせてくださいね。
よろしくお願いしまーす。

[C299]

ふんふん。いや~ためになるわ~。
何の肉をやったらいいのか分かりました。
マミィさんまじでプロフェッショナルですね!
マミィさんの食べ物に関する記事をWordに貼り付けて冊子を作ろうかと・・・。っていうか本を出版されません!?


ズッコちゃんの寝姿。別のネコちゃんかと思いましたよ!頭のヴァン模様が薄かったせいかな?
きれいだね~。ズッコちゃん!

P.S. メールのお返事届きました?別のアドレスから入れたから大丈夫かな~と思って。

[C300]

お肉も手作り食をすすめてる獣医さんによってもいろいろな考え方があるよね。
にゃんこごはんのお友達は参考にしてるレシピも似通ってて似た考えの人が多いから、とても新鮮でためになるにゃあ♪
ズッコちゃんたちはいろいろ考えてもらって幸せなのにゃあ♪


アタシは一時期腎機能を落としたことがあるから、ウサギはリントラウマで2年以上使ってなかったんだぁ。
最近は様子を見ながら月1、2食ペース位使ってるよ。
野生の猫がつかまえるのはやはりウサギや小鳥が多いと思うけど、それ以外のものも疑問だけど使っちゃってるよ。一番疑問に思うのは牛なんだけど。
ウチの場合は、今は月の半分強が鶏とウズラ、本来野生の猫は食べないだろう豚、カンガルー、鹿、馬、羊、牛あたりも季節によって比率を変えて食べてるよ。
魚は週1回、2食ペース。
ヨーロッパはオーガニックやゆったりとした環境で育てられた家畜の肉が手に入るからうらやましいのにゃあ・・・

[C304] tieta4uさんへのお返事

お魚は好きになり過ぎちゃうみたいですね。
おいしいもんねぇ・・・(私も自分はお魚派)。
で、お肉を食べなくなっちゃう。
よくあるみたいですよ。
猫チンはホント嗜好については頑固で困っちゃいますよね~。
  • 2009-04-29 20:30
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C305] ANKOさんへのお返事

本当に日本は便利だよね。
BARF(生骨肉)ダイエットが生まれたのがオーストラリアだから、
カンガルーの肉とかがあるのかな?
ヨーロッパでは手に入りませんねぇ・・・
馬は誇示的な理由でちょっとパスだけど、鹿は機会があったらあげてみたいな~。
鹿肉っておいしいんですよね~。
ウサギが入手しにくいって言うのは意外でした。
あ~コナチンもお魚派か~。
  • 2009-04-29 20:32
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C306] まきちんへのお返事

基本を決めて、そこからのバリエーションを増やすってのがやりやすいのかな~?
ウサギはポピュラーじゃないんだ~。
でもウサギ一羽は取り扱いが怖いよ~。
ブツ切りは(時々わ~とかぎゃ~とか言いながら)自分でもできるけど、
丸ごとはとうちゃんにおろしてもらってます。
鶉ちゃんとベニゾンはお勧めの食材ですね。
でもぶっちが気に入ってくれるかどうかが問題。
小さいときに色々食べさせておけばあとが楽かもよ。
サプリもね・・・近々書きます。
  • 2009-04-29 20:34
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C307] モカさんへのお返事

豚肉は寄生虫がついてることがあるから生はだめですよ~ん。
加熱すれば大丈夫だけど、脂肪がちょっと多すぎかな・・・
盗んだものは100倍おいしいみたいだしねぇ。
猫怪獣、また出没したら投稿しま~す。
よろしくお願いします。
  • 2009-04-29 20:36
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C308] kotoraさんへのお返事

うちの基本が「自然に近く」なので、こういう選択になったんですけれど、
色んなものをあげていいと思うんですよね。
ちょっとづつ色々試してみるのはいかがでしょう?
うちの猫に健康でいて欲しいという思いが、手づくりフードの蟻地獄に・・・
そこなし沼に・・・あ~助けて~って言うのはうそで、楽しみながらやってま~す。

メール届きましたよ。お返事遅くなっちゃってごめんなさい。
  • 2009-04-29 20:38
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C309] Gaviちゃんへのお返事

猫チンにアレルギーが無くて偏らなければ基本的には何あげてもいいんじゃないかな~。
獣医さんによってはアレルギー食って羊を進める人もいれば、
羊はアレルギー源だって言う人もいるし・・・
猫にはまだまだ謎が多くて混乱しますよね。
でも、時々犬と猫が一緒くたにされてることもありますよね~。
犬と猫の必要な栄養は全然違うのに・・・
そういう意味で、やっぱ基礎知識って大切だな~と思います。
ちょっと高くても、良い素材を選ぶようにしてるんだ。
買うときいつもとうちゃんに「これ猫の?僕らの?」と聞かれます。
  • 2009-04-29 20:40
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

使用する肉の種類

野生の猫科動物の主な獲物はウサギで、一般的に猫ちんもウサギ肉を好むようです。
我が家の手づくりフードの主旨は「できるだけ自然に近い」なので、野生のウサギに一番近い肉を
選んでいます。
下の表は野生のウサギ肉、鶏肉、七面鳥、牛肉700gに、レバー、心臓、生の卵黄を加えたレシピの栄養分の比較です。
list (Large)

(肉の数値は骨と皮なしの数値になっています。骨髄には脂肪が多く含まれているのでグラインドした骨を一緒に与える場合、脂肪の数値は表の数字より高くなります。)

七面鳥の方がより野生のウサギの成分に近いのですが・・・七面鳥の骨はでかくて硬いので
グラインドするのが大変・・・
グラインダーに入れる前に巨大金槌で潰す必要があって、コレやるとキッチンが
殺人現場スプラッター状態になっちゃうんですよ・・・
大御所は「♪愛する猫の健康のための歌♪」を歌いながらやると良いと言いますが・・・
時々ならいいけど毎回は結構きついので、結局グラインダーに骨が入りやすい鶏肉に
落ち着いています・・・(結局手抜きじゃん)。

その他の肉として鶉、雌鳥、鳩なども挙げられますが、意外なことに鹿肉(ベニゾン)は
たんぱく質や脂肪の割合が獲物の成分に近いそうなんですよ。
見つけるのが困難でしかも高そう・・・でももし機会があったら是非試してみたいな。

材料はお財布の許す限り質の良いものを選び、オーガニックであればそれに越したことは
ありません。
通常の飼育の鶏肉を使用する場合、ホルモンや抗生物質を投与されている事があるので、
薬品などの溜りやすい脂肪分、皮は取り除いた方が良いと思います。
これらの鶏肉はオーガニックのものに比べ脂肪分が高く、下手したら数値が牛肉に
近くなってしまうこともあるので要注意です。
表を見ると牛肉が野生のウサギからは数値が離れていることがわかりますね。
今まで生肉を食べたことがない子やIBDの子には比較的アレルギーが出やすいそうですので、
初めは少量から注意して与える必要がありそうです(アレルギーについては後日書きます)。
時々ならバリエーションを出すためには、たまに牛肉や羊肉などを与ても良いと思いますよ・・・。
ということで、現在私が主に使用しているのはオーガニックの鶏肉と、草を食べて飼育されている
ウサギの肉です。

鶏の胸肉は一般的に猫の好物とされているようで、脂肪が少ないのでヘルシーと
思われているようですがそれは人間ベースの考え方で、猫ちん達は適度の脂肪の摂取が必要です。
胸肉は皮付きなら野生ウサギ値に近くなります。
ウサギを丸ごと、鶏を丸ごと使わない場合は、できるだけタウリンやミネラルの含有量の多い
赤身の肉を選択することが勧められています。
皮なし胸肉は全量の肉の15%くらいにして残りを赤身にすることもできますよ。
私も当初は鶏を丸ごと使ってましたが、解体にあまりに時間がかかって面倒くさいので、
今はウサギのブツ切り(骨付き)と鶏の太腿 (骨付きで膝下のないもの)を使用しています。

内臓(心臓、レバー)や骨つき肉は栄養学上、同種のものを使うのがベスト
(ウサギ肉にはウサギの内臓、鶏肉には鶏の内臓)ですが、
人間の食用のウサギの心臓やレバーは入手が困難なので、無理な場合は比較的成分の近い
鶏のレバーで代用できます。
うちでは、自然界の猫ちんがお魚とウサギを一緒に捕って半々に食べたりする習慣がないのを
見習って、レシピのお肉は一種のみです(ただの手抜きだ!?)

豚肉は避けることを強くお勧めします。
加熱すれば寄生虫は死にますが、飽和脂肪酸が鶏肉の2倍以上、
野生のウサギと比較すると3倍となので・・・それに、今豚インフルエンザが騒がれてますしね・・・
わざわざ手を出す必要はないでしょう・・・

日本にはペット用の色々な肉をネットで購入できるようですが、ミンチされているものは
すぐに冷凍されているのか、骨はどの程度まで細かくグラインドされているのかなどの情報を
得た上での購入をお勧めします。
ちなみに我が家では、骨をミンチするとき一番目の細かいグラインダーのディスクを使っているので、
1mmくらいに砕かれます。従って骨がささったり、歯が折れたりする心配はまったくありません。

既にミンチされてパックに入ったスーパーマーケット冷蔵庫の肉は、塊の肉に比べ
空気に触れる面積が圧倒的に多いためバクテリアの繁殖率が高いので避けたほうが良いです。
昨日のGAVIちゃんのおねえちゃんへのコメント欄にも書きましたが、ミンチされた肉の
タウリン不足(猫に必要不可欠なアミノ酸の一種で猫は自分で合成できないので
食事から摂取する必要があります。
これが不足すると心臓障害を起こしたり失明することがあります)が報告されています。
必要最低量のタウリンを含有している肉の場合、ビタミンEが不足するとタウリンが
酸化して壊れてしまうようなのです。
ミンチされた肉は酸化を防ぐためビタミンEを使い切って、タウリンまで酸化から守ることが
できないらしいのです。
更に冷凍するとビタミンEもタウリンも減少しちゃう、なんて話もあるし・・・

しかし、さすがに毎食ミンチもしていられないので、ワタシは1週分をまとめて作って冷凍します。
多めにタウリンとビタミンEを入れれば1週間程度は大丈夫らしいし(でも本当かどうか
わかりませんが・・・)。
こうしてまとめて作っておけば普通の缶入りフードを与える手間とそれほど変わりませんよ。
ただし解凍に電子レンジを使うのはダメです。中に入っているデリケートなサーモンオイル
(オメガ3)やビタミンEが変質してしまうからです。
冷蔵室でゆっくり解凍してお湯に15分つけて(ネズミの体温=約35度)にしてから与えるのが
ベストです。
本当はいつも生のフレッシュなのが上げられるに越したことないんですけどねぇ。

え、面倒くさい????
でも、猫ちゃんが病気になった場合のケアに費やすエネルギーや時間や医療費や心配などと比較すると、ヘルシーな手作りフード与えて体を丈夫にすることにエネルギーや時間やお金を使ったほうがずっとお得(?)だと思うけどなぁ・・・。


*****

お魚????
うちではお魚をあげるのは月に1-2回です。
通常サーモンを茹でたもので、サプリも何も加えずにどん!「食べな!」とあげてます
(勿論小骨は全部とりますよ)。
たまにはこんなんでも良いと思うんですよね~(またしても手抜きの暴露)。
でもうちの怪獣たちは基本的に肉食です。
ネコちゃんは時にお魚が大好きになりすぎちゃうことがあるので、コントロールが必要です。
特に泌尿器間に問題のある猫チンは、お魚の食べすぎは要注意。
お魚には骨なしでマグネシウムが鶏肉の3倍(魚:0.039%、鶏肉:0.013%)も含まれています。
マグネシウムの取りすぎはストラバイト尿結石になりやすくなります。
しかし欠乏するとシュウ酸カルシウム尿路結石症になるのでこれもまた注意(ややこしい??)

生のお魚にはチアミナーゼが含まれているので、大量食べると猫チンの体内のチアミンと
結合してしまうので、チアミン欠乏症を引き起こすことがあります。
ダイオキシンや水銀汚染の問題を考えると、できるだけ食物連鎖の
下のほうにいる魚を選ぶのが良さそうですね。
今日はちょっと長すぎじゃ~。


*****

ここに書いているのは、私が自分の猫のために行っていることです。
生肉食は私自身が自分の猫のために実行していますが、
その他のことはホリスティック獣医師や経験豊かなブリーダーの方たちの
情報をまとめたものです。
基本的に健康な猫ちゃんが基本なっていますので、そうでない場合は、
ご自分で調査をされた上で実行してくださいね~。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/36-38bcc021

トラックバック

コメント

[C293]

げっ
魚は要注意なのか~
う~ん もっと肉を食べさせるようにしなければ・・・
頼むからもっと肉を食べてくれー!
ちょっとでも入っているとふんっと拒否されるんですよね。
食べても一日だけとか・・・
あぁ なんとかしてくれ~

[C294]

成分を見ると、カンガルーもかなり優秀です。
コレステロール/マグネシウム/ナトリウムが低く、ビタミンB/Eが豊富。
こちらは日本ではネット通販で簡単に手に入るので、助かります。
馬/鹿肉も比較的安価で簡単に手に入りますが、ウサギの方が手に入らない^^;
お国柄でしょうかね?

あ、昨夜もコナンはカンガルー撃沈><加熱してもダメでした。
魚は色々栄養上、猫には適さないと聞いていたので、
キャットフード以外は与えた事は無いですね。
コナンは魚派だろうけど、一度与えると増々肉嫌いになりそうなので、
これは却下して、トリ系で考えてみようかな~

[C295]

私も生肉をあげるにあたって、どのお肉を?と
結構悩みました。
ANKOさんも言ってるけど日本ではうさぎ肉て馴染みがあまりないんですよね。
私も今のところ1社しか取扱い知らないんです。
前にGaviちゃんも紹介してたかもしれないお店です。
そこではミンチと一羽まるごとを取り扱ってます。
ジューサーでも砕けるかな?と思いつつまだ購入にはいたってません。
あと気になるのは「うずらちゃん」と「ベニソンさん」ですかね。
(うさぎを扱ってるお店とは別になります)
やはり同じくミンチ状になってたり赤身ぶつ切りだったり・・・
業者さんに調理状態(衛星状態)を聞いて取り入れてみようかな?
もう一度マミィに教えてもらったサイトの情報や本を参考に必要なサプリも
見直してみます。



[C296]

こんにちは!
鶏肉がいいのは人間だけ、と読んでなるほどぉ。
猫と人間では必用なものが違うんですね。
先日、猫息子に少しだけですが生の豚肉を掠め取られて食べられてしまいました。
獣医さんに豚肉は生でも焼いても良くないですよと注意されました^^;
ウチはカリカリだけですが、時には猫に安心な生肉も必用ですね。

リンクと「猫怪獣図鑑」のご紹介をありがとうございました。
こちらからもリンクさせてくださいね。
よろしくお願いしまーす。

[C299]

ふんふん。いや~ためになるわ~。
何の肉をやったらいいのか分かりました。
マミィさんまじでプロフェッショナルですね!
マミィさんの食べ物に関する記事をWordに貼り付けて冊子を作ろうかと・・・。っていうか本を出版されません!?


ズッコちゃんの寝姿。別のネコちゃんかと思いましたよ!頭のヴァン模様が薄かったせいかな?
きれいだね~。ズッコちゃん!

P.S. メールのお返事届きました?別のアドレスから入れたから大丈夫かな~と思って。

[C300]

お肉も手作り食をすすめてる獣医さんによってもいろいろな考え方があるよね。
にゃんこごはんのお友達は参考にしてるレシピも似通ってて似た考えの人が多いから、とても新鮮でためになるにゃあ♪
ズッコちゃんたちはいろいろ考えてもらって幸せなのにゃあ♪


アタシは一時期腎機能を落としたことがあるから、ウサギはリントラウマで2年以上使ってなかったんだぁ。
最近は様子を見ながら月1、2食ペース位使ってるよ。
野生の猫がつかまえるのはやはりウサギや小鳥が多いと思うけど、それ以外のものも疑問だけど使っちゃってるよ。一番疑問に思うのは牛なんだけど。
ウチの場合は、今は月の半分強が鶏とウズラ、本来野生の猫は食べないだろう豚、カンガルー、鹿、馬、羊、牛あたりも季節によって比率を変えて食べてるよ。
魚は週1回、2食ペース。
ヨーロッパはオーガニックやゆったりとした環境で育てられた家畜の肉が手に入るからうらやましいのにゃあ・・・

[C304] tieta4uさんへのお返事

お魚は好きになり過ぎちゃうみたいですね。
おいしいもんねぇ・・・(私も自分はお魚派)。
で、お肉を食べなくなっちゃう。
よくあるみたいですよ。
猫チンはホント嗜好については頑固で困っちゃいますよね~。
  • 2009-04-29 20:30
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C305] ANKOさんへのお返事

本当に日本は便利だよね。
BARF(生骨肉)ダイエットが生まれたのがオーストラリアだから、
カンガルーの肉とかがあるのかな?
ヨーロッパでは手に入りませんねぇ・・・
馬は誇示的な理由でちょっとパスだけど、鹿は機会があったらあげてみたいな~。
鹿肉っておいしいんですよね~。
ウサギが入手しにくいって言うのは意外でした。
あ~コナチンもお魚派か~。
  • 2009-04-29 20:32
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C306] まきちんへのお返事

基本を決めて、そこからのバリエーションを増やすってのがやりやすいのかな~?
ウサギはポピュラーじゃないんだ~。
でもウサギ一羽は取り扱いが怖いよ~。
ブツ切りは(時々わ~とかぎゃ~とか言いながら)自分でもできるけど、
丸ごとはとうちゃんにおろしてもらってます。
鶉ちゃんとベニゾンはお勧めの食材ですね。
でもぶっちが気に入ってくれるかどうかが問題。
小さいときに色々食べさせておけばあとが楽かもよ。
サプリもね・・・近々書きます。
  • 2009-04-29 20:34
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C307] モカさんへのお返事

豚肉は寄生虫がついてることがあるから生はだめですよ~ん。
加熱すれば大丈夫だけど、脂肪がちょっと多すぎかな・・・
盗んだものは100倍おいしいみたいだしねぇ。
猫怪獣、また出没したら投稿しま~す。
よろしくお願いします。
  • 2009-04-29 20:36
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C308] kotoraさんへのお返事

うちの基本が「自然に近く」なので、こういう選択になったんですけれど、
色んなものをあげていいと思うんですよね。
ちょっとづつ色々試してみるのはいかがでしょう?
うちの猫に健康でいて欲しいという思いが、手づくりフードの蟻地獄に・・・
そこなし沼に・・・あ~助けて~って言うのはうそで、楽しみながらやってま~す。

メール届きましたよ。お返事遅くなっちゃってごめんなさい。
  • 2009-04-29 20:38
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C309] Gaviちゃんへのお返事

猫チンにアレルギーが無くて偏らなければ基本的には何あげてもいいんじゃないかな~。
獣医さんによってはアレルギー食って羊を進める人もいれば、
羊はアレルギー源だって言う人もいるし・・・
猫にはまだまだ謎が多くて混乱しますよね。
でも、時々犬と猫が一緒くたにされてることもありますよね~。
犬と猫の必要な栄養は全然違うのに・・・
そういう意味で、やっぱ基礎知識って大切だな~と思います。
ちょっと高くても、良い素材を選ぶようにしてるんだ。
買うときいつもとうちゃんに「これ猫の?僕らの?」と聞かれます。
  • 2009-04-29 20:40
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

過去ブログ

http://zukkorin.exblog.jp
から引っ越してきました。

参加ランキング

にほんブログ村 猫ブログへ

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

怪獣たちのプロフィール



ズッコ (ズッコピー、ズッピー)♂
2008年8月28日生
ターキッシュヴァンキャット
(クリーム/ホワイト)


ゴマシオ(ゴマチン、おやびん)♀
2003年11月生
元野良ちん
(牛柄、月面模様、背番号3番)


ピッピ (パリス)♀
2009年3月17日生
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

★組怪獣
可愛い写真は「家族の紹介」で見てね

ヴォルフィ (ボンボ)♂
1989年9月9日-2008年12月19日
19歳4ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)


スタンツィ (タッタ)♀
1989年9月20日-2008年10月14日
19歳1ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

飼い主のプロフィール

ズッコのマミィ

Author:ズッコのマミィ

WINN FELINE FOUNDATION

Every Day, Every Catがモットーの、猫の健康を向上するためのリサーチのサポートをする基金です


NPO法人 ペット里親会

ブリーダーの虐待を阻止しよう
urawa.gif

いつでも里親募集中

一匹でも多くの子が幸せになれるように
いつでも里親募集中

全国助成金リスト

犬・猫の避妊及び去勢手術に対する全国市町村助成金リスト
120x60_08.png

LAV - イタリアの動物愛護協会

色々なキャンペーンを提案しています
LAV.jpg

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

巨猫団

遂にズッピーも入団
024.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。