Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/42-c637a737

トラックバック

コメント

[C315]

ネコは光合成できないんですか・・・。よく日向にいるのに。(笑
皮膚が弱くなったのは最近の傾向なんですかね?白いネコは特に注意が必要ってどっかの本に書いてありました。ズッコちゃん特に何か気をつけてますか?
日本で飼っていたネコは白い、チンチラシルバーだったんですが。2にゃんともよく炎天下でも脱走してましたけど、日焼けなどはあまり気になりませんでした。・・と思います。

ごはん。恐れるべからず。でやってみるべきですね!

[C316]

ビタミンDはおひなたぼっこで作られるってよく言うけど、それじゃあ絶対量は全然足りないって言うよね・・・
レバー週100g!
アタシの場合はあまりいいレバーが手に入らないから・・・レバーは内蔵のメインにはしてないんだあ・・・レバーは毒素も沈着するからグレードの高いお肉があればいいんだけど、なかなかオーガニックがなくて・・・
ウチは卵とハツ、お魚が供給源かな・・・
ハツは比較的毒素がたまりにくいから、やはり毒素のたまりやすい脂肪分を取って使ってるよ。
ホントはレバーが摂れれば微量ミネラルも摂りやすいからありがたいんだけど。
ビタミンAもそうだけどAAFCO基準って、あくまでもフードメーカーの基準だからにゃんこの自然にどこまで適してるか・・・っていつも疑問なのにゃあ・・・
ホントはネズミ1匹、スズメ1匹、好きなの捕まえて食べたいときに食べたいだけ食べといで・・・が、おウチの人もにゃんこも一番楽だし体にいいのに、めんどくさくなっちゃったなぁ・・・って、おねえ考えてるみたいだよ(* ̄m ̄)

[C317] kotoraさんへのお返事

私もね、前は日に当たると良いのかと思ってホレホレって日向に猫たちを促していたんですが、
これってただ気持ちいいだけ・・・みたい。
それはそれでリラックスできて、いいんですが・・・
以前、白猫の耳や鼻には日焼け止めクリームを塗りましょうって、いうのを読んだけど、
そんなの即効10秒でなめ尽くされちゃうよ~、と思いました。
タッタとボンボも炎天下のテラス(でも日陰)で一日中ゴロゴロしてましたが、
日焼けってなかったなぁ。ターキッシュバンは弱いものが淘汰された自然発生種なので、
強靭ボディなのかもしれません。
最近アレルギーとかストレスによる皮膚に問題のある子が多いけど(勿論遺伝もあると思うけど)
食べ物って関係あると思いますよ~。
  • 2009-04-30 09:06
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C318] Gaviちゃんへのお返事

は~い、GAVIちゃん。
そうそうレバーは毒素をろ過する臓器だから、オーガニックじゃないとね!
日本は結構お刺身にして食べる文化があるから、手に入りやすいのかと思ってたよ。
こっちも質の良い物を探すのは結構大変だけど、供給できると子見つけたんだ!
こっちは逆にハツ(鶏)を探す方が難しいかな・・・
1kg単位じゃないと注文できないし・・・

うんうん私もAAFCO基準には疑惑あるな~。
昔タウリン不足事件とかもあったしねぇ(これは多分犬を基本に研究してるから
じゃないかなぁ?)

私の読んだ本の著者には、猫チンのためにネズミを家で飼育していた人もいるんだよ。
初めは猫チンが食べ方を知らなかったので、ブツ切りにして・・・なんて
ちょっとホラーだったけどね。でも、臭いからやめたんだって。
今家で飼われている猫チンたち、果たして狩りができる能力がまだあるのかな~?
うちの場合、ゴマチンはできそうだけど、ズッコピーはすぐにそのへんの
プラスチック食べて餓死だな・・・
その点GAVIちゃんはかっこ良くやりこなせそうだよね~(ホント、そしたら私たちも楽だ~)。
  • 2009-04-30 09:24
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

猫チンに必要なビタミン

5月1日に手づくりフードと市販フードのビタミンA含有量の比較表を追加しました。

聞いたこと無いビタミンの名前がわんさかでてきてワケから無いかもしれないけど、
しゃらっと読んでいただければ嬉しいです。


ビタミンB
ビタミンB群は水溶性のビタミンで、猫チンにはデイリーベースでチアミン(B1)、
ナイアシン(B3)、ピリドクシン(B6)などが必要で、特殊な状況では更にコバラミン(B12)も
必要になります。
ピリドクシンは、猫の体内で休ます活動しているアミノ酸が別の物質へ変化するための
酵素反応を助けるために必要なものなので特に重要です。
猫チンはナイアシンを体内で合成することもできますが、犬の4倍もの摂取量が必要で、
供給が間に合わないので外からの供給が必要です。
チアミン不足は栄養失調の猫やチアミナーゼ(魚介類に多く含まれる)の摂取量が多い場合に起こり、
筋肉が弱ってしまいます。
水溶性のビタミンBはコバラミン以外(肝臓に貯蓄されます)体内に貯蓄ができないため
デイリーベースでの摂取が必要です。
ビタミンBを豊富に含む食物としては肉や卵が挙げられます。
通常の食事を心がけていれば欠乏症になることはありませんが、神経組織を健康に保ち
ストレスを緩和するために、私はレシピに追加でビタミンBコンプレックスを100mgを入れています。
(注:ビタミンBは臭いので猫チンが嫌がる場合があります。初めてサプリを加える場合は
半分の量くらいから徐々に増やしていく方がよさそう
ビタミンBコンプレックスには、チアミン(B1)、リボフラビン(B2)、ナイアシン(B3)、ピリドクシン(B6)、
パントテン酸(B5 )、コバラミン(B12 )、ビオチン、葉酸、コリン、イノシトールなどが含まれています。


ビタミンA とビタミンD
猫が特に必要とする油溶性ビタミンにはビタミンAとビタミンDがあります。
猫は他の動物と異なり、腸に植物を消化する酵素がないので植物に含まれるβカロチンを
レチノール(活動形のビタミンA)に変換することができません。

ビタミンAには視力、骨、筋肉、繁殖、表面組織などの健康を保つ役割があります。
ただし摂取過剰は肝毒性を引き起こすことがあるので、ビタミンAを豊富に含むレバーは
1週間に100g程度を基準に与えるのが適当です。
(注:通常の150-300倍のビタミンAを猫に毎日3-4年食べさせた研究では、
問題が表れなかったという報告もありますので、それほど神経質になる必要はないと思います。)
ビタミンAは肝臓に蓄えることができるので、欠乏症状が出るまでには時間がかかるといいますが、
近年免疫システム、皮膚に問題を持つ猫が増加しており(ビタミンAは免疫機能と皮膚の健康にも
重要な役割を果たします)米国飼料検査官協会の取り決めた1日の猫のビタミンAの必要量
(フード1kgに対し5000IU)が少なすぎるのではないかと疑問を持つ人もいるようです。

vitaminA.jpg


ビタミンDの働きは、腸の吸収力、腸内の分泌閉止、カルシウムが骨への堆積する役割があり、
体内でカルシウムとリンのバランスを取ります。
ビタミンA同様、肝臓に貯蓄されているため欠乏症が発覚するまでには時間がかかるので、
むやみにサプリは与えない方が安全です。
猫は他の動物と違い皮膚にビタミンDを光合生産するために必要な7-でヒドロコレステロールが
無いため、ビタミンDを太陽光線から合成することができません。
従ってビタミンDも食物から補わなくてはなりません。
レバーにはビタミンAと共にビタミンDも豊富に含まれています。
海水魚やフィッシュオイルもビタミンDの含有量は豊富ですが、大量に投与すると中毒を引き起こす
リスクがあるので注意が必要です。
その他、ビタミンDは淡水魚、卵黄、動物の脂肪からも取ることができます(牛レバー、乳製品にも
少量含まれています)。
猫は何百万年間も海底に存在する魚を食べることはなかったので、あえてお魚を利用しなくとも、
生肉とレバーからの供給で十分だと思います。


ビタミンEとビタミンK
その他の油溶性ビタミンにはビタミンEとビタミンKがあります。
長期栄養失調、肝臓病、脂肪吸収が困難な腸の病気を患った猫にビタミンEの欠乏が
見られるそうです。
通常の食事をしていれば欠乏になることはありませんが、手づくりフードには酸化防止剤
(特にミンチされた肉の)としてビタミンEを加えます。
長期冷凍したり、過熱をしてもビタミンEが減少してしまうので、2週間以上冷凍されたフードには
解凍後に一つまみのビタミンEを加えます。

ああ、また今日も長くなっちまった・・・



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/42-c637a737

トラックバック

コメント

[C315]

ネコは光合成できないんですか・・・。よく日向にいるのに。(笑
皮膚が弱くなったのは最近の傾向なんですかね?白いネコは特に注意が必要ってどっかの本に書いてありました。ズッコちゃん特に何か気をつけてますか?
日本で飼っていたネコは白い、チンチラシルバーだったんですが。2にゃんともよく炎天下でも脱走してましたけど、日焼けなどはあまり気になりませんでした。・・と思います。

ごはん。恐れるべからず。でやってみるべきですね!

[C316]

ビタミンDはおひなたぼっこで作られるってよく言うけど、それじゃあ絶対量は全然足りないって言うよね・・・
レバー週100g!
アタシの場合はあまりいいレバーが手に入らないから・・・レバーは内蔵のメインにはしてないんだあ・・・レバーは毒素も沈着するからグレードの高いお肉があればいいんだけど、なかなかオーガニックがなくて・・・
ウチは卵とハツ、お魚が供給源かな・・・
ハツは比較的毒素がたまりにくいから、やはり毒素のたまりやすい脂肪分を取って使ってるよ。
ホントはレバーが摂れれば微量ミネラルも摂りやすいからありがたいんだけど。
ビタミンAもそうだけどAAFCO基準って、あくまでもフードメーカーの基準だからにゃんこの自然にどこまで適してるか・・・っていつも疑問なのにゃあ・・・
ホントはネズミ1匹、スズメ1匹、好きなの捕まえて食べたいときに食べたいだけ食べといで・・・が、おウチの人もにゃんこも一番楽だし体にいいのに、めんどくさくなっちゃったなぁ・・・って、おねえ考えてるみたいだよ(* ̄m ̄)

[C317] kotoraさんへのお返事

私もね、前は日に当たると良いのかと思ってホレホレって日向に猫たちを促していたんですが、
これってただ気持ちいいだけ・・・みたい。
それはそれでリラックスできて、いいんですが・・・
以前、白猫の耳や鼻には日焼け止めクリームを塗りましょうって、いうのを読んだけど、
そんなの即効10秒でなめ尽くされちゃうよ~、と思いました。
タッタとボンボも炎天下のテラス(でも日陰)で一日中ゴロゴロしてましたが、
日焼けってなかったなぁ。ターキッシュバンは弱いものが淘汰された自然発生種なので、
強靭ボディなのかもしれません。
最近アレルギーとかストレスによる皮膚に問題のある子が多いけど(勿論遺伝もあると思うけど)
食べ物って関係あると思いますよ~。
  • 2009-04-30 09:06
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C318] Gaviちゃんへのお返事

は~い、GAVIちゃん。
そうそうレバーは毒素をろ過する臓器だから、オーガニックじゃないとね!
日本は結構お刺身にして食べる文化があるから、手に入りやすいのかと思ってたよ。
こっちも質の良い物を探すのは結構大変だけど、供給できると子見つけたんだ!
こっちは逆にハツ(鶏)を探す方が難しいかな・・・
1kg単位じゃないと注文できないし・・・

うんうん私もAAFCO基準には疑惑あるな~。
昔タウリン不足事件とかもあったしねぇ(これは多分犬を基本に研究してるから
じゃないかなぁ?)

私の読んだ本の著者には、猫チンのためにネズミを家で飼育していた人もいるんだよ。
初めは猫チンが食べ方を知らなかったので、ブツ切りにして・・・なんて
ちょっとホラーだったけどね。でも、臭いからやめたんだって。
今家で飼われている猫チンたち、果たして狩りができる能力がまだあるのかな~?
うちの場合、ゴマチンはできそうだけど、ズッコピーはすぐにそのへんの
プラスチック食べて餓死だな・・・
その点GAVIちゃんはかっこ良くやりこなせそうだよね~(ホント、そしたら私たちも楽だ~)。
  • 2009-04-30 09:24
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

過去ブログ

http://zukkorin.exblog.jp
から引っ越してきました。

参加ランキング

にほんブログ村 猫ブログへ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

怪獣たちのプロフィール



ズッコ (ズッコピー、ズッピー)♂
2008年8月28日生
ターキッシュヴァンキャット
(クリーム/ホワイト)


ゴマシオ(ゴマチン、おやびん)♀
2003年11月生
元野良ちん
(牛柄、月面模様、背番号3番)


ピッピ (パリス)♀
2009年3月17日生
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

★組怪獣
可愛い写真は「家族の紹介」で見てね

ヴォルフィ (ボンボ)♂
1989年9月9日-2008年12月19日
19歳4ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)


スタンツィ (タッタ)♀
1989年9月20日-2008年10月14日
19歳1ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

飼い主のプロフィール

ズッコのマミィ

Author:ズッコのマミィ

WINN FELINE FOUNDATION

Every Day, Every Catがモットーの、猫の健康を向上するためのリサーチのサポートをする基金です


NPO法人 ペット里親会

ブリーダーの虐待を阻止しよう
urawa.gif

いつでも里親募集中

一匹でも多くの子が幸せになれるように
いつでも里親募集中

全国助成金リスト

犬・猫の避妊及び去勢手術に対する全国市町村助成金リスト
120x60_08.png

LAV - イタリアの動物愛護協会

色々なキャンペーンを提案しています
LAV.jpg

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

巨猫団

遂にズッピーも入団
024.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。