Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/55-f0871038

トラックバック

コメント

[C447]

貴重な情報をありがとう
さっそく見てみますね!

↓ がはは、うちのハーネスは犬用のですよー
猫用のは入らないのだ^^;)

[C449]

おねえも後でサイトよく読ませてもらうって。
ありがと!

あのね、腺の抽出物ってよく言うじゃない?
オーガニックの腺・・・-サプリみたいなものなのかなぁ?-って使ったことある?
ちょっと気になってるんだけど、使うのがコワイような気もしてるんだって。
知ってたら教えてにゃあ。

↓ アタシのハーネスも猫用はすっぽぬけちゃうから犬用だったんだあ。
ただ、胴の長さがあわないから(^^;)、今はそれを参考にしたおねえメイドなのにゃあ。

[C450]

このサイトを読解するためにも英語力が必要ですねぇ。
でも、マミィがまとめてくれたレシピすごく助かります。
グラインダーがない時はマミィはどうやってつぶしてたんだっけ?
確か・・・金づちでガチコンだっけ?
このレシピ参考にレパートリー増やしていいます。

[C454] tieta4uさんへのお返事

しょえ~!犬用のだったんだ~!!
ゴマチンのがギリギリで危ないところだったんですよ。
なるほど・・・

FELINE FUTUREのサイトはとても役立つ情報満載ですから是非見てくださ~い!
  • 2009-05-09 22:43
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C455] Gaviちゃんへのお返事

あ~っ、びーちゃんのも犬用がモデルだったんだ~。
買う前に聞けばよかったなぁ・・・
でもギリギリで入ったから、これ以上太らないようにコントロールしなくては・・・
でもおねえちゃんの手づくり、オリジナルハーネスなんだ~、いいなぁ・・・

腺の抽出物サプリ、私もちょっと怖くて使ったことないんだ。
確かに狂牛病の問題があってからはもろ神経系のサプリ使うのってちょっと警戒しちゃうよね。
オーガニックのものも見つけたけど(USA)イタリア国内では入手できないので、
輸入しなくちゃならないんだ。
どんな栄養素が含まれているのか、確認してみるね。
  • 2009-05-09 22:49
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C456] まきちんへのお返事

英語をもう1度勉強する機会が増えたってことで・・・
そうそう、グラインダーが来る前はハンマーで骨を砕いてましたよ・・・
でもコレってかなりスプラッターだったなぁ。
  • 2009-05-09 22:52
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

うちのレシピ

とりえず猫の栄養についてはなんとなくわかってきたと思うので、
現在、私の使用しているレシピと、他の人たちのレシピ(穀物/野菜なし)でお勧めできるものを書いておきます。

うちのレシピ
ホリスティック獣医師Lisa A. Piersonさんのレシピを参考にしたもの
肉の種類:鶏(雌鳥、地鶏)、ウサギ、七面鳥、鶉
肉(1-1.5cmに切ったもの)と骨付き肉をグラインドしたもの 約800g
鶏の心臓 100g (心臓が入手できない場合は、肉の量を100gとタウリンを2000mgで代用)
鶏のレバー 100g
水 最低1カップ(ミンチ肉の量によって変えます:ミンチ多=水多、カット肉多=水少)
卵黄(オーガニックのできるだけ新鮮なもの) 2個
野生のサーモンオイル 2000mg
ビタミンE 400IU
ビタミンBコンプレックス100mg
タウリン1000-1500mg
ヨード入りナトリウム減量塩(ヨード、ナトリウム、カリウム) 小さじ3/4

1) 肉、骨付き肉とレバーをグラインダーに通したものをまぜる。
2) 水、卵黄、サプリを混ぜる
3) 1)と2)を混ぜる
4) 冷凍できるガラス製の入れ物に小分けしてすぐに冷凍する。


このレシピは、猫の栄養、食事について専門的に研究をするFELINE FUTURE社の、
手づくりフードパウダーの栄養素を元に作られているそうです。
FELINE FUTUREのサイトは、猫の食事や健康に関する情報が満載されています。
残念ながら英語のみで、うんPやゲロッPの比較写真やサルモネラ菌の写真が、ばばばびーんと
載ってたりしてコアな部分もありますが、一度目を通す価値大です。
自社のパウダーを買わなくても、同じような栄養素のフードが自宅で作れるレシピまで掲載されていて、
商売っ気のなさに好感が持てちゃうんです。
腎臓に問題のある猫チン用のレシピも掲載されていますよ。
やっぱり、でもたんぱく質の量ではなく質が大切だと言うことが書かれていました。

また、ここの製品は全世界へ発送してもらえます。
最近ベーシックなINSTINCT TCに加え、既にレバーパウダーも入ったINSTINCT PLUSも
発売されたみたいで、コレは肉をプラスするだけでOKなんですね。
ヨーロッパの場合は(ドイツから発送されます)、生レバーを使わない場合レバーパウダー
(チキンとビーフ)を別に買って加えなくてはないようですが・・・
手づくりフードをはじめようとしている方にとっては、はじめの第一歩としては気軽にはじめられる
良い製品だと思います。

ここのマスコットの猫チン(パッケージの猫)も可愛いし!
(私はこの会社のただの1ファンで、まわしものではありませんよ!)


ここからは、手づくりフードの大御所、
Rasing Cats Naturallyの著者 Michelle T. Baernardさんのレシピです。
骨入りのレシピ
肉 約700g
肉と同種の動物の心臓200g (入手不可の場合は200gの肉と2000mgのタウリンで代用)
肉と同種の動物のレバー100g(入手不可の場合は100gの肉と20000IUのビタミンAと約800IUの
ビタミンDまたは小さじ2杯のタラの肝油で代用)
ウサギや七面鳥の肉を使用する場合は鶏のレバーと心臓でも代用可。
羊の肉を使用する際は牛の心臓とレバーをで代用可。
品質の高い卵黄 2個
サイリウムハスクパウダー 小さじ2杯
水(スプリングウォーターまたはフィルターしたもの) 最低1カップ
サーモンオイル 2000mg
ケルプとドゥルスのミックス 小さじ2杯
ビタミンBコンプレックス 50mg
ビタミンE 400IU
腺の抽出物 2カプセル

作り方は上記レシピと同じです。

骨を使用しないレシピ(長期での利用はお勧めしません)
肉 約700g
肉と同種の動物の心臓200g (入手不可の場合は200gの肉と2000mgのタウリンで代用可)
肉と同種の動物のレバー100g(入手不可の場合は100gの肉と20000IUのビタミンAと約800IUの
ビタミンDまたは小さじ2杯のタラの肝油でも代用可。)
ウサギや七面鳥の肉を使用する場合は、鶏のレバーと心臓でも代用可。
羊の肉を使用する際は牛の心臓とレバーで代用可。
ボーンミール(人間用のグレードのもの) 大匙2杯
味付けされていないゼラチン 大匙1杯
サイリウムハスクパウダー 小さじ2杯
水(スプリングウォーターまたはフィルターしたもの)最低1カップ
サーモンオイル 2000mg
ケルプとドゥルスのミックス 小さじ2杯
ビタミンBコンプレックス 50mg
ビタミンE 400IU
腺の抽出物 2カプセル

作り方は上記のレシピと同じです。


BUON APETITO!


*****


ここに書いているのは、私が自分の猫のために行っていることです。
生肉食は私自身が自分の猫のために実行していますが、
その他のことはホリスティック獣医師や経験豊かなブリーダーの方たちの
情報をまとめたものです。
基本的に健康な猫ちゃんが基本なっていますので、そうでない場合は、
ご自分で調査をされた上で実行してくださいね~。






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/55-f0871038

トラックバック

コメント

[C447]

貴重な情報をありがとう
さっそく見てみますね!

↓ がはは、うちのハーネスは犬用のですよー
猫用のは入らないのだ^^;)

[C449]

おねえも後でサイトよく読ませてもらうって。
ありがと!

あのね、腺の抽出物ってよく言うじゃない?
オーガニックの腺・・・-サプリみたいなものなのかなぁ?-って使ったことある?
ちょっと気になってるんだけど、使うのがコワイような気もしてるんだって。
知ってたら教えてにゃあ。

↓ アタシのハーネスも猫用はすっぽぬけちゃうから犬用だったんだあ。
ただ、胴の長さがあわないから(^^;)、今はそれを参考にしたおねえメイドなのにゃあ。

[C450]

このサイトを読解するためにも英語力が必要ですねぇ。
でも、マミィがまとめてくれたレシピすごく助かります。
グラインダーがない時はマミィはどうやってつぶしてたんだっけ?
確か・・・金づちでガチコンだっけ?
このレシピ参考にレパートリー増やしていいます。

[C454] tieta4uさんへのお返事

しょえ~!犬用のだったんだ~!!
ゴマチンのがギリギリで危ないところだったんですよ。
なるほど・・・

FELINE FUTUREのサイトはとても役立つ情報満載ですから是非見てくださ~い!
  • 2009-05-09 22:43
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C455] Gaviちゃんへのお返事

あ~っ、びーちゃんのも犬用がモデルだったんだ~。
買う前に聞けばよかったなぁ・・・
でもギリギリで入ったから、これ以上太らないようにコントロールしなくては・・・
でもおねえちゃんの手づくり、オリジナルハーネスなんだ~、いいなぁ・・・

腺の抽出物サプリ、私もちょっと怖くて使ったことないんだ。
確かに狂牛病の問題があってからはもろ神経系のサプリ使うのってちょっと警戒しちゃうよね。
オーガニックのものも見つけたけど(USA)イタリア国内では入手できないので、
輸入しなくちゃならないんだ。
どんな栄養素が含まれているのか、確認してみるね。
  • 2009-05-09 22:49
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C456] まきちんへのお返事

英語をもう1度勉強する機会が増えたってことで・・・
そうそう、グラインダーが来る前はハンマーで骨を砕いてましたよ・・・
でもコレってかなりスプラッターだったなぁ。
  • 2009-05-09 22:52
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

過去ブログ

http://zukkorin.exblog.jp
から引っ越してきました。

参加ランキング

にほんブログ村 猫ブログへ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

怪獣たちのプロフィール



ズッコ (ズッコピー、ズッピー)♂
2008年8月28日生
ターキッシュヴァンキャット
(クリーム/ホワイト)


ゴマシオ(ゴマチン、おやびん)♀
2003年11月生
元野良ちん
(牛柄、月面模様、背番号3番)


ピッピ (パリス)♀
2009年3月17日生
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

★組怪獣
可愛い写真は「家族の紹介」で見てね

ヴォルフィ (ボンボ)♂
1989年9月9日-2008年12月19日
19歳4ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)


スタンツィ (タッタ)♀
1989年9月20日-2008年10月14日
19歳1ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

飼い主のプロフィール

ズッコのマミィ

Author:ズッコのマミィ

WINN FELINE FOUNDATION

Every Day, Every Catがモットーの、猫の健康を向上するためのリサーチのサポートをする基金です


NPO法人 ペット里親会

ブリーダーの虐待を阻止しよう
urawa.gif

いつでも里親募集中

一匹でも多くの子が幸せになれるように
いつでも里親募集中

全国助成金リスト

犬・猫の避妊及び去勢手術に対する全国市町村助成金リスト
120x60_08.png

LAV - イタリアの動物愛護協会

色々なキャンペーンを提案しています
LAV.jpg

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

巨猫団

遂にズッピーも入団
024.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。