Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/57-8f9b7b8b

トラックバック

コメント

[C460]

ウチの下のフラットからよく強烈なにんにくの匂いがするんですけど
匂いは大丈夫なのかなぁってたまに不安になります。
アロマオイルとかは匂いでもダメですよね。
にんにくは大丈夫なのかな?マミィさん、ご存知ですか?

[C461]

確かによかれと思うことが、帰って良く無いって事ありますね。
ソランが菜っ葉好きだけど(と言っても食べる量は僅か)ちゃんと選んで食べているような....
何か欲する理由があるのかと、いつも不思議に思ってるけど。
ただそれでお腹を壊したり、吐いたりはしないので、少量なら良しとしてます。
だって、普段聞いた事も無いような、大きな声で懇願するものですから^^;
だけど猫草は欲しがらない....菜っ葉で代用してるからかしら?

ビタミンCは体内に蓄積されず、余った分は体外に排出される様ですが、
猫の場合は必要ない(食物から摂れる量で充分)と言われていますね。
結石の原因にと言う説は、人間にもありますが、これは根拠が薄くその心配は無いらしいです。
(私自身結石体質なので、これについては随分調べました)

他にも人間には良いとされても、猫には毒になるものが沢山あるので、
安易に与えるのは注意しなければいけませんね。

実はレバーについてですが、肝臓は毒素が一番たまりやすい部位だから、
安心出来る環境/餌で飼育されたものでないと、危険と聞いたことがあります。
なので、うちではレバー類は与えないようにしています。

[C463]

そうなんだぁ!
ウチの場合はもう3年以上、アルファルファとケルプ、にんにくを日常的に使ってるけど、それで問題が出たことはないみたいだよ。
分量も少ないし、ハーブはお休みも作ってるからかなぁ・・・
これは今度手作り食のセミナーに出る予定だから聞いてみるね。

アスコルビン酸のことはよく言われるよね。
人間の場合でもアスコルビン酸を大量に摂取するとかえって発癌性があるとか・・・って。
アタシはビタミンCを食品からとってて、(参考にしている獣医さん曰く)アスコルビン酸はビタミンCの一部でしかなくて、食品としてビタミンC全体をとることは推奨されてるみたいだけど。
犬猫は確か肝臓でグルコースからビタミンCを合成できるから本来は必要はないけれど、汚染物質の多い現代社会では自分で合成できる分だけでは足りないって研究もあるみたいだよ。
お友だちにゃんこもそうだけど・・・(ビタミンCってローズヒップからとってるんだけど)ローズヒップってそんなに嫌がられたりしないみたいなんだ・・・

これは今度機会があったら調べてみようと思ってるんだけど動物園の大型の猫科の子たちのごはん、お肉(日本の場合は馬肉と鶏頭がメイン)にビタミン剤を使ってるらしいんだぁ・・・どんなものをあげてるのか、それと死因を調べたらおもしろいと思うんだぁ。
これは別の話になっちゃうんだけど・・・よく猫は完全肉食動物だから腎臓が悪くなるのは必然っていうでしょ?お肉をメインで食べてる子たちが必ずしも腎不全で亡くなってるわれじゃないと思うんだけど・・・

サリチル酸の問題もよく言われるけど、これも他との兼ね合いや分量も関係あるんじゃないかな・・・って思うことがあるよ。

[C469] キャト田さんへのお返事

下のフラットのから漂ってくる匂い程度だったら心配することはないと思うよ。
危険なのは特にフレッシュな生のにんにくって書いてあるし・・・
症状が出たのも毎日食事に混ぜて・・・っていうのが原因だからね。
手づくりフードを進める獣医さんのレシピにも、にんにくが出てきて驚いたけど!!
たいてい少量だったら問題ありませんっていうけど、やっぱり自然の状態で
猫が食べなくって、害があるかどうかはっきりしていないものをあえてあげる
必要がないかな~と思うんだ(ってかシンプル伊豆ベストで、手抜きじゃ~)。
  • 2009-05-10 20:39
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C470] ANKOさんへのお返事

猫の食については、まだまだ未知なところが多いし、エキスパートも色々意見が違うので、
正しい情報を見極めるの至難の技ですよね。
ま、大切なのは自分で納得できる稼動か、と言う点だと思うんですが・・・
私は出来るだけシンプルな食生活にしたいので、足すより引くほうかな~。
勿論必要な栄養素は十分に考慮してのことですが・・・

色々な情報交換をしたり、意見が聞けるようになって、ブログやってて良かったな~
と思います。
  • 2009-05-10 20:43
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C471] Gaviちゃんへのお返事

是非セミナーでも情報収集をして教えてもらえたら嬉しいなぁ~。
色々な考えがあるので、なかなかどの情報が100%信頼できるのか
見極めるのは凄く難しいよね。
私たち奴隷いや飼い主にとっては第一に重要なのは、
猫ちんたちが健康であるってことだもんね。
野生の状態では、腎不全で亡くなる子って少ないみたいだね。
死因のトップは怪我(狩猟時とかリスク大きいもんね)からの細菌感染とかが多いみたい。
英国の動物園で食べさせているものと、食習慣の情報持っているので、近々アップするね。
確かに死因データが入手できると、食べ物と病気の関係も解明できるところがあるはずだよね。
  • 2009-05-10 20:45
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

愛するが故の誤ち?

今日は、映画のタイトルみたいですが、猫ちゃんを愛するあまり、良かれと思ってやったことが
実は裏目に出てしまうということがある、というお話です。

近年のヘルシーブームで人間の食事にハーブやサプリが取り入れられるようになり、
健康の維持に役立っていますが、自分の猫チンにも同じようなメリットを予想して取り入れると、
完全肉食で人間とは全く違なった独特の生化学を持つ猫チンにとっては害になってしまうことも
あるので気をつけましょう。
きっと「え~そうなの~」と思うものが出てくると思いますよ。

まず私も知って驚いたのが、アルファルファ。
手づくりレシピの材料にもしばしば登場し、手づくりフードを推奨する獣医師なども進めていたので
考えもしませんでした・・・
人間には強壮、抗真菌性、便秘薬、利尿作用、消化促進、栄養、抗関節炎などいろいろな効果が
あるヘルシー度満点のハーブが、獣医学の本では猫の毒物リストに上げられているそうです。
アルファルファはシアン化基を含む配糖体(cyanogenic glycosides)という適当な調理を
施さない限り破壊されない毒素を含むそうです。
人間は超大量に食べない限りこの毒素を肝臓で解毒できるのですが、体の小さな猫は
解毒が間に合わずしばしば嘔吐、腹痛、下痢などの症状をおこすことがあるそうです。
以前も書きましたが、生の植物や野菜を分解する酵素を持たない猫は、アルファルファのスプラウト、
アルファルファパウダーに対して、ひどい消化不良を起こすことがあるそうです。
またアルファルファは体内PHをアルカリにする作用がありPH値を酸性よりに保たなくてはならない
猫にとっては向いていないそうです。
猫の体内PH値がアルカリになると秘尿器官のトラブルの原因になることがあります。

猫には消化する酵素やバクテリアが欠如しているため、どんなに小さく摺りおろしても、
ピュレ状にしても、ジュースにしてもフリーズドライしてもパウダーにしても
植物を消化することができません。
野菜や緑菜からは栄養も取れないし、生物学的な利用もできないので、結局のところ消化器官を
通過するだけのものとなってしまうのです。
ただ、通過するだけなら良いのですが、容易に消化できる肉などに混ぜて与えると消化不良を
起こしやすくなるそうです。

手づくりフードをはじめた頃、私も本に書かれていた通り真面目にアルファルファを栽培して
ペースト状につぶしたものを混ぜて与えていたことがあります。
何度かズッコが食後すぐに吐いたことがありましたが、早食いのせいだと思っていました。
今思うと、消化不良だったんですね・・・

猫草について
植物を消化できないのに、なぜ猫草が必要なのか・・・?
猫は機械的に嘔吐を催す手段として草を食べます。
猫草は胃の中で消化のできないものや消化のしにくいもの(ヘアボールなど)を吐き出すための
引き金の役割をします。
消化されなかったものが腸をブロックすることを阻止するための自然のシステムです。
室内外の猫ちゃんに猫草を用意してあげることは大切なことです。
ただし食後すぐに食べさせると、食事も吐き出すことがあるので注意です。

にんにく
にんにくを含むユリ科の球根、玉ねぎ、恵シャロット、チャイブなどを与えるのは避けたほうが良い
というのは一般的にも知られていると思いますが、これらは生でも調理しても、乾燥させても、
赤血球にダメージを与え長期にわたって使用すると貧血を誘発します。
更に続けて与えると、最悪の場合は死に至ることもあるそうです。
取れたての生のにんにくや玉ねぎは口内、食道、胃に炎症を起こし、腫瘍の原因や悪化に
つながります。

にんにくに含まれるアリシンという匂いの元となっている物質は強い酸化剤で、フリーラジカルを
生み出す化学物質なので人間にとっても大量接収は危険といわれています。
アリシンは胃を荒らしひどい場合は赤血球を破壊して貧血を引き起こすことがあります。
アリシンが皮膚に触れると炎症を起こすこともあるそうです。
私自身、にんにくを食べると胃の調子が悪くなるので思わずうなずいてしまいます。
とうちゃんは「自然の抗生物質だ」と原住民みたいなこと言ってバリバリ食べるんですが・・・
(その後の匂いがぁぁぁ・・・)。

ビタミンC(アスコルベート酸)
猫はビタミンCをグルコースから腸内で合成することができます。
自然の状態でもビタミンCを含む食物を食べないので、フードにサプリとしてビタミンCを加えると
尿の中のアスコルベート酸の量が増え秘尿器官や肝臓に結石を作る原因になりかねません。
大量のアスコルベート酸を猫に注射して猫の呼吸器系の病気(ビールス性鼻気管炎)の予防と
軽減のテストをした研究でも、ビタミンCは関係がないことがわかっています。
ビタミンCの大量摂取は鉄の吸収力を促す効果があるため、鉄分の摂取過剰になる場合があります。
猫は人間と違い、ビタミンC摂取が病気の予防になるケースは非常に少ないのですが、
十分なビタミンAを摂取することは病気の予防や免疫機能に大きな役割を果たしています。

ビタミンCの味を嫌う猫は多く、メリットの低さを考えると無理やり食べさせるのはちょっと
かわいそうですね。

青緑海藻(ケルプ)
ナチュラル指向の手作りキャットフードのサプリとして使用されている青緑海藻はWHOからも
安全な食品と考えられていましたが、最近これを含有する食品のミクロシスチン-LR毒素の
テストを行ったところ全ての食品から高いレベルの毒素が見つかったそうです。
アミノ酸、酵素、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているため、ヘルシーなサプリと考えられて
いましたが、生肉+骨+卵黄+レバー+心臓などをベースにした手づくりフードには既に
猫が必要とする十分なアミノ酸、酵素、ビタミン、ミネラルが十分含まれているので、
毒素や消化不良などのリスクを考えると追加する必要性は低いと思われます。
またヨードの含有量がかなり高いことも注意しなくてはなりません。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/57-8f9b7b8b

トラックバック

コメント

[C460]

ウチの下のフラットからよく強烈なにんにくの匂いがするんですけど
匂いは大丈夫なのかなぁってたまに不安になります。
アロマオイルとかは匂いでもダメですよね。
にんにくは大丈夫なのかな?マミィさん、ご存知ですか?

[C461]

確かによかれと思うことが、帰って良く無いって事ありますね。
ソランが菜っ葉好きだけど(と言っても食べる量は僅か)ちゃんと選んで食べているような....
何か欲する理由があるのかと、いつも不思議に思ってるけど。
ただそれでお腹を壊したり、吐いたりはしないので、少量なら良しとしてます。
だって、普段聞いた事も無いような、大きな声で懇願するものですから^^;
だけど猫草は欲しがらない....菜っ葉で代用してるからかしら?

ビタミンCは体内に蓄積されず、余った分は体外に排出される様ですが、
猫の場合は必要ない(食物から摂れる量で充分)と言われていますね。
結石の原因にと言う説は、人間にもありますが、これは根拠が薄くその心配は無いらしいです。
(私自身結石体質なので、これについては随分調べました)

他にも人間には良いとされても、猫には毒になるものが沢山あるので、
安易に与えるのは注意しなければいけませんね。

実はレバーについてですが、肝臓は毒素が一番たまりやすい部位だから、
安心出来る環境/餌で飼育されたものでないと、危険と聞いたことがあります。
なので、うちではレバー類は与えないようにしています。

[C463]

そうなんだぁ!
ウチの場合はもう3年以上、アルファルファとケルプ、にんにくを日常的に使ってるけど、それで問題が出たことはないみたいだよ。
分量も少ないし、ハーブはお休みも作ってるからかなぁ・・・
これは今度手作り食のセミナーに出る予定だから聞いてみるね。

アスコルビン酸のことはよく言われるよね。
人間の場合でもアスコルビン酸を大量に摂取するとかえって発癌性があるとか・・・って。
アタシはビタミンCを食品からとってて、(参考にしている獣医さん曰く)アスコルビン酸はビタミンCの一部でしかなくて、食品としてビタミンC全体をとることは推奨されてるみたいだけど。
犬猫は確か肝臓でグルコースからビタミンCを合成できるから本来は必要はないけれど、汚染物質の多い現代社会では自分で合成できる分だけでは足りないって研究もあるみたいだよ。
お友だちにゃんこもそうだけど・・・(ビタミンCってローズヒップからとってるんだけど)ローズヒップってそんなに嫌がられたりしないみたいなんだ・・・

これは今度機会があったら調べてみようと思ってるんだけど動物園の大型の猫科の子たちのごはん、お肉(日本の場合は馬肉と鶏頭がメイン)にビタミン剤を使ってるらしいんだぁ・・・どんなものをあげてるのか、それと死因を調べたらおもしろいと思うんだぁ。
これは別の話になっちゃうんだけど・・・よく猫は完全肉食動物だから腎臓が悪くなるのは必然っていうでしょ?お肉をメインで食べてる子たちが必ずしも腎不全で亡くなってるわれじゃないと思うんだけど・・・

サリチル酸の問題もよく言われるけど、これも他との兼ね合いや分量も関係あるんじゃないかな・・・って思うことがあるよ。

[C469] キャト田さんへのお返事

下のフラットのから漂ってくる匂い程度だったら心配することはないと思うよ。
危険なのは特にフレッシュな生のにんにくって書いてあるし・・・
症状が出たのも毎日食事に混ぜて・・・っていうのが原因だからね。
手づくりフードを進める獣医さんのレシピにも、にんにくが出てきて驚いたけど!!
たいてい少量だったら問題ありませんっていうけど、やっぱり自然の状態で
猫が食べなくって、害があるかどうかはっきりしていないものをあえてあげる
必要がないかな~と思うんだ(ってかシンプル伊豆ベストで、手抜きじゃ~)。
  • 2009-05-10 20:39
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C470] ANKOさんへのお返事

猫の食については、まだまだ未知なところが多いし、エキスパートも色々意見が違うので、
正しい情報を見極めるの至難の技ですよね。
ま、大切なのは自分で納得できる稼動か、と言う点だと思うんですが・・・
私は出来るだけシンプルな食生活にしたいので、足すより引くほうかな~。
勿論必要な栄養素は十分に考慮してのことですが・・・

色々な情報交換をしたり、意見が聞けるようになって、ブログやってて良かったな~
と思います。
  • 2009-05-10 20:43
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C471] Gaviちゃんへのお返事

是非セミナーでも情報収集をして教えてもらえたら嬉しいなぁ~。
色々な考えがあるので、なかなかどの情報が100%信頼できるのか
見極めるのは凄く難しいよね。
私たち奴隷いや飼い主にとっては第一に重要なのは、
猫ちんたちが健康であるってことだもんね。
野生の状態では、腎不全で亡くなる子って少ないみたいだね。
死因のトップは怪我(狩猟時とかリスク大きいもんね)からの細菌感染とかが多いみたい。
英国の動物園で食べさせているものと、食習慣の情報持っているので、近々アップするね。
確かに死因データが入手できると、食べ物と病気の関係も解明できるところがあるはずだよね。
  • 2009-05-10 20:45
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

過去ブログ

http://zukkorin.exblog.jp
から引っ越してきました。

参加ランキング

にほんブログ村 猫ブログへ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

怪獣たちのプロフィール



ズッコ (ズッコピー、ズッピー)♂
2008年8月28日生
ターキッシュヴァンキャット
(クリーム/ホワイト)


ゴマシオ(ゴマチン、おやびん)♀
2003年11月生
元野良ちん
(牛柄、月面模様、背番号3番)


ピッピ (パリス)♀
2009年3月17日生
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

★組怪獣
可愛い写真は「家族の紹介」で見てね

ヴォルフィ (ボンボ)♂
1989年9月9日-2008年12月19日
19歳4ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)


スタンツィ (タッタ)♀
1989年9月20日-2008年10月14日
19歳1ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

飼い主のプロフィール

ズッコのマミィ

Author:ズッコのマミィ

WINN FELINE FOUNDATION

Every Day, Every Catがモットーの、猫の健康を向上するためのリサーチのサポートをする基金です


NPO法人 ペット里親会

ブリーダーの虐待を阻止しよう
urawa.gif

いつでも里親募集中

一匹でも多くの子が幸せになれるように
いつでも里親募集中

全国助成金リスト

犬・猫の避妊及び去勢手術に対する全国市町村助成金リスト
120x60_08.png

LAV - イタリアの動物愛護協会

色々なキャンペーンを提案しています
LAV.jpg

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

巨猫団

遂にズッピーも入団
024.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。