Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/69-8ce758c4

トラックバック

コメント

[C600]

ドイツでもバカンスシーズンに捨て猫捨て犬が多くなることは以前報道されていました。どれくらい多いのか分かりませんが、上記のような広告は見たことがありません。
高速道路では、それよりも何よりも、これからの時期、踏み潰されたハリネズミ、ウサギ、いたち、キツネ・・・の多いこと多いこと・・・。これ、なんとかならないのかなあと思いますほんとに。
犬やネコを高速道路に捨てるって・・・どういう神経してるんでしょうね。ほんとに死刑ですよね、動物にとっては。

[C601]

動物愛護先進国と思っていたヨーロッパでも、日本と変わらない状況なんですね。
動物をアクセサリーやバッグ、インテリア感覚で飼う人が後を絶ちません。
悲しい現実ですね。これこそ人間のエゴです。
マイクロチップは義務づけられていないのでしょうか?
モラルに頼っても解決しそうに無い以上、法の強化しかないのかしら?
しかも高速道路に捨てるって事は、願わくば事故死して欲しいって事!?
なんだか激しくショックです....

[C602]

考えさせられますね。
最後まで面倒見切れない人は動物を飼っちゃいけないんです。
もぉ~~~ なんでそんな無責任な人が多いの~~(>_<)悲しいです!!
  • 2009-05-22 14:49
  • マル
  • URL
  • 編集

[C603]

読みながらズーーンと重たい気持ちになりました。
ペット先進国のヨーロッパ、バカンスの一緒に旅行したり、お留守番専門のペットホテルとか充実してると思ってました。
今この時まで。
長いバカンスだから捨てるって・・・帰ってきたら違う子をってことですよね。
なんだか人間の身勝手さが情けなくなります。
そんなことする人間は、自分もどこかに置き去りにされてペットたちと同じ気持ちを味わってみればいい、とさえ思ってしまいます。
高速道路に置き去りなんて、どんなに恐ろしいことか・・・。
ペットは家族って意識がないんですね。

[C604]

ありえないですね。
どういう気持ちでそんな無残なことをするんでしょう?本当に「命」を何だと思ってるんだろう?
日本も同じですよね。
結局ブームに乗っかって飼うけど自分勝手な理由で投げ出す。
しかも捨てるなんてもっての他です。
動物だから許されるなんてことはないです。
自分だっていつか捨てられちゃいますね。
世の中から。それぐらいされないと、きっとわからないんだと思います。

でもでも、これは本当に国を越えて考えるべきことですよね。
流行りにのったブリーダーも実際いるし・・・
それも問題だと思うんですよね。

[C605] がんばります

ミラノの近くの小さい町でトリマーしてます。
お店には、ハスキー、ジャーマンシェパード、terranova、alaskan malamuteなど、普通に考えると、毛を切らない種類の犬たちも、毛を刈りにきます。
理由は、この種の犬たちにとって、この地域の夏は暑すぎるから。
これがまた、しんどい仕事なんですよ。
一年に一回、酷ければ2.3年に一回の出来事なので、作業中、テーブルの上にいることになれてなくて、暴れる暴れる。
それに、この種の犬たちの毛って刈りに難いったりゃあらしない。(実際、毎日、いい汗流してます。)
で、私は、「第一に、犬を飼う前に、飼おうとしている犬はどんな犬なのか、最低限の知識も持たずに飼うのは間違ってる。
第二に、暑さに弱い種の犬を飼っているなら、毎日、最低でも週に数回はブラッシングをして、下毛を取り除いてあげるべき。
第三、この犬たち、ご飯だけもらって、来る日も来る日も家の庭に放置されているのがほとんどみたい。だって、お尻にカピカピのウンコとかがびっしりついてたり、ダニ、ノミだらけだったり。犬はおもちゃじゃない! 人間のように感情を持った生き物なんだ!」
てな具合に、イライラ、ぶつぶつ文句言ってるんですが、
考えてみると、お店に連れてきてもらえるだけ、まだ、ましですよね。
一方で、「あぁ、手に負えない。ぽいっ」 捨てる人がこんなに多いんですもんね。
明日からは、目の前にいる犬のことをまず考えて、出来ることを精一杯しようと、思い直しました。
  • 2009-05-22 19:00
  • マキコ
  • URL
  • 編集

[C606]

同じですねー
フランスでもバカンスになるとペットを捨てる人が急増します。
おっしゃるように、むごいのは、犬は捨てると走って追いかけてくるので、走っている車の中から放り投げて捨てるという人。捨てること自体がひどいけど、捨て方もあんまりひどいじゃありませんか。
あぁいやだ、いやだ。
うちのおとうさんが人間嫌いというか、人間不信なのも納得できます・・

[C619] kotoraさんへのお返事

こういう広告が大々的に出るようになったのは、やっぱり動物愛護協会とかの活動が大きく影響しているだと思います。
元グリーンピースのとうちゃんが言ってましたが、高速の壁がセメントのブロックになって野生動物が通り抜けできなくなったため、逃げ場を失って轢かれてしまうんだそうです。
イタリアではコレに関しての抗議活動も行われているそうなんです。
最後までペットの世話を出来ない人は、動物を飼う資格はないですね・・・


  • 2009-05-26 12:38
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C621] マルさんへのお返事

動物を飼うのは家族の一員が増えるということですよね。
でもやっぱり捨てる人の多くはそういう考えなしに飼って、結局飼い切れなくなるみたいですね。
捨てないでというキャンペーンより、動物を飼うときにはもっと良く考えましょうと言うキャンペーンも必要なのでは??

  • 2009-05-26 12:48
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C622] モカさんへのお返事

私の友人の獣医の診察台に犬(キャバリエ)を置き去りにした人もいました。
置き去りにされた犬は、結局友人が引き取って飼ってますが、
鎖をはずすとパニックになるんです。
また捨てられると思うんでしょうか?
外に行く時は、彼の奥さんから5m以上離れることはありません。
どれだけ捨てられることが動物にとって精神的な負担を与えるかを物語ってますよね・・・
  • 2009-05-26 12:53
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C623] まきちんへのお返事

動物には沢山教えられることがあり、ペットと暮らすのって素晴らしいことだと思うんですが、
流行やファッションで動物を飼うのって基本的にどこか間違ってますね。
生き物なんだから当然、うんPもするし、病気にもなる・・・
そういう点って、あんまり強調されてないですよね。
メリットしか宣伝しない商業的な姿勢にも問題あるんじゃないかな・・・?
ペットを捨てる人には、同等の苦しみを味わってほしいです。

  • 2009-05-26 13:00
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C624] マキコさんへのお返事

毎日動物に接触する仕事をしていると、愛されているペットかどうか良くわかりますよね・・・
イタリアって日本ほど、過剰に可愛がる風潮ってないですよね。
動物はあくまでも動物、っているラインが引かれているような気がするんですがどう思いますか?
私なんか、自分の猫の飼い方を話すと「へぇ~」と驚かれますから・・・
イタリアの場合、特に犬は狩猟とか牧羊にも多く使われてるのでペットと言う感覚ではないのかも
しれませんが、人間を助けてくれる動物をきちんとせわしないと言うのは間違っていますよね。
これからも、少しでも多くのワンちゃんたちが快適に過ごせるようお仕事頑張ってくださいね。
  • 2009-05-26 13:07
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C625] ANKOさんへのお返事

勿論、ヨーロッパでは動物愛護で進んでいる部分も沢山あると思います。
ペットを捨てるというのは個人の意識の問題ですよね。
動物を捨てなくても、酷い状態で飼っている人もいるし・・・
動物は物じゃないんだよ、と声を大にして言いたいです。
私も、高速に動物を捨てる人がいる事を知ったときは激しい憤りを感じました。

  • 2009-05-26 13:08
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C626] tieta4uさんへのお返事

バカンスに連れて行けないから捨てる、と言う短絡的な考え・・・
一体どういう頭をしているんでしょう?
どうしても飼えなくなったら、里親を探すとか方法はあると思うんですよね。
それが出来ない人はペットを飼うことは許されるべきではないですよね。
マイクロチップの義務化とか、もっときちんとした対策を採って欲しいと思います。
ペットはおもちゃじゃないんだから・・・
  • 2009-05-26 13:12
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

捨て猫、捨て犬

今日は予約配信です。
週末だけどちょっとヘヴィな内容です。
でも、現実から目をそらす事はできないと思い書きました。

調査によるとイタリアでは2件に1件が何かしらの動物を飼っており、約680万匹の犬と
800万匹の猫が飼われているそうです。
バカンスのシーズンがやってくると、イタリアでは捨て猫、捨て犬の数が急増します。
クリスマスに飼った子犬や子猫をバカンスに連れて行くことが出来ず(イタリアの場合バカンスが
長い)、かといってペットホテルはお金がかかるので手っ取り早く捨ててしまうのです。
飼い犬、飼い猫の数が増えるのと正比例して捨て犬捨て猫の数が増えているそうです。
年間約13.5万匹の動物(猫9万匹、犬4.5万匹)が捨てられるそうですが、そのうち25-30%は
バカンス前のこの季節に集中しています。
そして、このうち80%が命を失っているのです。

特にひどいのは犬を高速道路沿いに捨てるというもので、事故死する犬が耐えません。
国や動物愛護協会はこの季節になると捨て犬、捨て猫対策のキャンペーンを行いますが、
実際にどの程度の効果があるのでしょうか?
近年はかなり強烈なアピールのものが続いています。

一方猫の場合、猫は自由を好む独立した動物なので・・・と一応世話をしてくれる人のいる
「猫の定住地区」の近くへ捨てる場合が多いようですが、猫はテリトリーを持つ動物なので
家猫はなかなか仲間に入れず、他の猫に定住地区を追われてしまうことがしばしばあります。
自力で餌を獲得する事が出来ない家猫はやせ衰え生き延びるのが困難な状態となります。
イタリアには「猫の定住地区」が法律で保護されている反面、犬に比べて保護してもらえる
シェルターなどの施設が圧倒的に少ないのが問題になっています。
ただこのシェルターも、一部のあくどい運営者が国や市からの補助金目当てで建設し、
ひどい状態で犬を放置するという状況があるのも事実です。

gatto.jpg

犬や猫を捨てたり虐待すると、刑法で罰せられることは以前も書いていますが
(最高1年の禁固刑、10000ユーロ以下の罰金)、高速道路などに動物を放置して
人身事故の原因になった場合には過失致死の罪を問われることもあります。

映画や広告などで、特定の種の犬が使われるとそれが悲劇につながる・・・と、
とうちゃんがもらしていました。
例1)101匹ワンちゃん:映画を見てダルメシアンを飼ったものの、とても難しい気性の犬なので
結局飼いきれなくなる→捨てる。
例2)広告で使われたハスキー犬:一時ブームになりましたが、寒い国の犬なので
イタリアの気候に向かないこと、また逃走壁や遠吠えなどが激しく飼いきれなくなる→捨てる。
捨てる理由というのは、経済面、動物の性質が考えていたものと違ったというのが
一番の理由のようです。
雑種も血統書のついた純血の動物も差別なく、おもちゃのように捨てられてしまうのです。


ここから下は、今までに使用されたキャンペーン広告です。

campagna1.jpg
君、何種?
人間それとも非人間?


campagna2.jpg
死刑


campagna3.jpg
友達を死刑にする者は、一生その罪に問われるのだ。
飼っている動物を放棄することは、下劣な行為であり犯罪である。


campagna4.jpg
デッドマンウォーキング
捨てることは死刑に処すことである。


campagna5.jpg
2分ごとに1匹の犬が捨てられている。
2分ごとに心が砕かれている。
2分ごとに無罪でありながら死刑に処されている。
2分ごとに何百人もの人が事故死するリスクを追っている。



クリスマスには皆善い事をするけれど・・・夏休みは??
飼い犬、飼い猫を放棄すると刑法で罰せられることが書かれています。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/69-8ce758c4

トラックバック

コメント

[C600]

ドイツでもバカンスシーズンに捨て猫捨て犬が多くなることは以前報道されていました。どれくらい多いのか分かりませんが、上記のような広告は見たことがありません。
高速道路では、それよりも何よりも、これからの時期、踏み潰されたハリネズミ、ウサギ、いたち、キツネ・・・の多いこと多いこと・・・。これ、なんとかならないのかなあと思いますほんとに。
犬やネコを高速道路に捨てるって・・・どういう神経してるんでしょうね。ほんとに死刑ですよね、動物にとっては。

[C601]

動物愛護先進国と思っていたヨーロッパでも、日本と変わらない状況なんですね。
動物をアクセサリーやバッグ、インテリア感覚で飼う人が後を絶ちません。
悲しい現実ですね。これこそ人間のエゴです。
マイクロチップは義務づけられていないのでしょうか?
モラルに頼っても解決しそうに無い以上、法の強化しかないのかしら?
しかも高速道路に捨てるって事は、願わくば事故死して欲しいって事!?
なんだか激しくショックです....

[C602]

考えさせられますね。
最後まで面倒見切れない人は動物を飼っちゃいけないんです。
もぉ~~~ なんでそんな無責任な人が多いの~~(>_<)悲しいです!!
  • 2009-05-22 14:49
  • マル
  • URL
  • 編集

[C603]

読みながらズーーンと重たい気持ちになりました。
ペット先進国のヨーロッパ、バカンスの一緒に旅行したり、お留守番専門のペットホテルとか充実してると思ってました。
今この時まで。
長いバカンスだから捨てるって・・・帰ってきたら違う子をってことですよね。
なんだか人間の身勝手さが情けなくなります。
そんなことする人間は、自分もどこかに置き去りにされてペットたちと同じ気持ちを味わってみればいい、とさえ思ってしまいます。
高速道路に置き去りなんて、どんなに恐ろしいことか・・・。
ペットは家族って意識がないんですね。

[C604]

ありえないですね。
どういう気持ちでそんな無残なことをするんでしょう?本当に「命」を何だと思ってるんだろう?
日本も同じですよね。
結局ブームに乗っかって飼うけど自分勝手な理由で投げ出す。
しかも捨てるなんてもっての他です。
動物だから許されるなんてことはないです。
自分だっていつか捨てられちゃいますね。
世の中から。それぐらいされないと、きっとわからないんだと思います。

でもでも、これは本当に国を越えて考えるべきことですよね。
流行りにのったブリーダーも実際いるし・・・
それも問題だと思うんですよね。

[C605] がんばります

ミラノの近くの小さい町でトリマーしてます。
お店には、ハスキー、ジャーマンシェパード、terranova、alaskan malamuteなど、普通に考えると、毛を切らない種類の犬たちも、毛を刈りにきます。
理由は、この種の犬たちにとって、この地域の夏は暑すぎるから。
これがまた、しんどい仕事なんですよ。
一年に一回、酷ければ2.3年に一回の出来事なので、作業中、テーブルの上にいることになれてなくて、暴れる暴れる。
それに、この種の犬たちの毛って刈りに難いったりゃあらしない。(実際、毎日、いい汗流してます。)
で、私は、「第一に、犬を飼う前に、飼おうとしている犬はどんな犬なのか、最低限の知識も持たずに飼うのは間違ってる。
第二に、暑さに弱い種の犬を飼っているなら、毎日、最低でも週に数回はブラッシングをして、下毛を取り除いてあげるべき。
第三、この犬たち、ご飯だけもらって、来る日も来る日も家の庭に放置されているのがほとんどみたい。だって、お尻にカピカピのウンコとかがびっしりついてたり、ダニ、ノミだらけだったり。犬はおもちゃじゃない! 人間のように感情を持った生き物なんだ!」
てな具合に、イライラ、ぶつぶつ文句言ってるんですが、
考えてみると、お店に連れてきてもらえるだけ、まだ、ましですよね。
一方で、「あぁ、手に負えない。ぽいっ」 捨てる人がこんなに多いんですもんね。
明日からは、目の前にいる犬のことをまず考えて、出来ることを精一杯しようと、思い直しました。
  • 2009-05-22 19:00
  • マキコ
  • URL
  • 編集

[C606]

同じですねー
フランスでもバカンスになるとペットを捨てる人が急増します。
おっしゃるように、むごいのは、犬は捨てると走って追いかけてくるので、走っている車の中から放り投げて捨てるという人。捨てること自体がひどいけど、捨て方もあんまりひどいじゃありませんか。
あぁいやだ、いやだ。
うちのおとうさんが人間嫌いというか、人間不信なのも納得できます・・

[C619] kotoraさんへのお返事

こういう広告が大々的に出るようになったのは、やっぱり動物愛護協会とかの活動が大きく影響しているだと思います。
元グリーンピースのとうちゃんが言ってましたが、高速の壁がセメントのブロックになって野生動物が通り抜けできなくなったため、逃げ場を失って轢かれてしまうんだそうです。
イタリアではコレに関しての抗議活動も行われているそうなんです。
最後までペットの世話を出来ない人は、動物を飼う資格はないですね・・・


  • 2009-05-26 12:38
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C621] マルさんへのお返事

動物を飼うのは家族の一員が増えるということですよね。
でもやっぱり捨てる人の多くはそういう考えなしに飼って、結局飼い切れなくなるみたいですね。
捨てないでというキャンペーンより、動物を飼うときにはもっと良く考えましょうと言うキャンペーンも必要なのでは??

  • 2009-05-26 12:48
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C622] モカさんへのお返事

私の友人の獣医の診察台に犬(キャバリエ)を置き去りにした人もいました。
置き去りにされた犬は、結局友人が引き取って飼ってますが、
鎖をはずすとパニックになるんです。
また捨てられると思うんでしょうか?
外に行く時は、彼の奥さんから5m以上離れることはありません。
どれだけ捨てられることが動物にとって精神的な負担を与えるかを物語ってますよね・・・
  • 2009-05-26 12:53
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C623] まきちんへのお返事

動物には沢山教えられることがあり、ペットと暮らすのって素晴らしいことだと思うんですが、
流行やファッションで動物を飼うのって基本的にどこか間違ってますね。
生き物なんだから当然、うんPもするし、病気にもなる・・・
そういう点って、あんまり強調されてないですよね。
メリットしか宣伝しない商業的な姿勢にも問題あるんじゃないかな・・・?
ペットを捨てる人には、同等の苦しみを味わってほしいです。

  • 2009-05-26 13:00
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C624] マキコさんへのお返事

毎日動物に接触する仕事をしていると、愛されているペットかどうか良くわかりますよね・・・
イタリアって日本ほど、過剰に可愛がる風潮ってないですよね。
動物はあくまでも動物、っているラインが引かれているような気がするんですがどう思いますか?
私なんか、自分の猫の飼い方を話すと「へぇ~」と驚かれますから・・・
イタリアの場合、特に犬は狩猟とか牧羊にも多く使われてるのでペットと言う感覚ではないのかも
しれませんが、人間を助けてくれる動物をきちんとせわしないと言うのは間違っていますよね。
これからも、少しでも多くのワンちゃんたちが快適に過ごせるようお仕事頑張ってくださいね。
  • 2009-05-26 13:07
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C625] ANKOさんへのお返事

勿論、ヨーロッパでは動物愛護で進んでいる部分も沢山あると思います。
ペットを捨てるというのは個人の意識の問題ですよね。
動物を捨てなくても、酷い状態で飼っている人もいるし・・・
動物は物じゃないんだよ、と声を大にして言いたいです。
私も、高速に動物を捨てる人がいる事を知ったときは激しい憤りを感じました。

  • 2009-05-26 13:08
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

[C626] tieta4uさんへのお返事

バカンスに連れて行けないから捨てる、と言う短絡的な考え・・・
一体どういう頭をしているんでしょう?
どうしても飼えなくなったら、里親を探すとか方法はあると思うんですよね。
それが出来ない人はペットを飼うことは許されるべきではないですよね。
マイクロチップの義務化とか、もっときちんとした対策を採って欲しいと思います。
ペットはおもちゃじゃないんだから・・・
  • 2009-05-26 13:12
  • ズッコのマミィ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

過去ブログ

http://zukkorin.exblog.jp
から引っ越してきました。

参加ランキング

にほんブログ村 猫ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

怪獣たちのプロフィール



ズッコ (ズッコピー、ズッピー)♂
2008年8月28日生
ターキッシュヴァンキャット
(クリーム/ホワイト)


ゴマシオ(ゴマチン、おやびん)♀
2003年11月生
元野良ちん
(牛柄、月面模様、背番号3番)


ピッピ (パリス)♀
2009年3月17日生
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

★組怪獣
可愛い写真は「家族の紹介」で見てね

ヴォルフィ (ボンボ)♂
1989年9月9日-2008年12月19日
19歳4ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)


スタンツィ (タッタ)♀
1989年9月20日-2008年10月14日
19歳1ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

飼い主のプロフィール

ズッコのマミィ

Author:ズッコのマミィ

WINN FELINE FOUNDATION

Every Day, Every Catがモットーの、猫の健康を向上するためのリサーチのサポートをする基金です


NPO法人 ペット里親会

ブリーダーの虐待を阻止しよう
urawa.gif

いつでも里親募集中

一匹でも多くの子が幸せになれるように
いつでも里親募集中

全国助成金リスト

犬・猫の避妊及び去勢手術に対する全国市町村助成金リスト
120x60_08.png

LAV - イタリアの動物愛護協会

色々なキャンペーンを提案しています
LAV.jpg

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

巨猫団

遂にズッピーも入団
024.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。