Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/714-5226ebe5

トラックバック

コメント

[C12793]

ひえーーーっ!キャットショーって言うのはもっと厳格で神聖なものかと思ってたら
なんてアバウトな・・・(笑)
もしかしたらうちのキヨもMCですーって言ったら出場できたかもね(笑)
ドブ出身なのに∴ゞ(>ε<*)プッ!!
んで?軽くしつもーん
キャットショーなのに、なぜチワワンが?!
猫ちゃんたち興奮しないのかな?
あ、チワワンくらい猫パンチでギャフン?(笑)
でもでもードイツからやってきたニューエントリーちゃん・・・好み(*’v`丱)☆+゜
  • 2010-12-07 01:10
  • hanako
  • URL
  • 編集

[C12794]

素人の私が話を聞いてても「え?え?良いの?」と慌てちゃう(笑)
ズッピーちゃん達が出場してるショーが基準だからビックリした!
しっかり手入れしてあげて、自分の仔達だけでも知識があって
選び抜かれたブリーダーさんとネコちゃんが集まるのがショーかなって....
ショーも出場者もいい加減だわ。
ネコちゃん達は可愛いのに~
ペット自慢の延長っぽく見える~
マミィさんのお知り合いのペルシャンちゃん、光り輝いてる(涙)

[C12795]

うわぁ・・・
ショックー。
コレはある種の虐待といってもいいんじゃないの~?
こーいうの見るとホントにいやになっちゃう。
妊娠してる子なんて・・・ひどいよ。
野生種の問題も・・・
許せない。

[C12796]

・・・・ある意味凄い......
ちゃぶ台ひっくり返すレベルじゃないね><
これって虐待に近いんじゃ?何が目的?なんか腹が立ってくるわ。
駅ビルの猫の日イベントでももっとマシかも。
こういう協会やショーを監視/指導/規制する機関ってないのかしら?

[C12797]

ご近所と身内の寄り合いなんですかね…?
だからきちゃないとか、ノーグルーミングとか…。
全く詳しくない私でも、2ヶ月は出したら駄目だろう!と突っ込み。
しかしサーバルキャット、非常になんと言うか、ノーコメント。可哀想だわ。

[C12798]

何か、出場したら病気を貰って来そうな
感じですね・・・
ここまでめちゃくちゃなショーを開催しても
許されると言うのが凄いな!
規制というか取締りというか
何か出来ないものですかねぇ・・・・・・

[C12799]

ケージの消毒が行き届いてなかったり
2ヶ月のちびっ子や妊娠してる子...
それに猫は自分で体を洗うものだからって
失格になってしまった子まで.....
かわいそうでく・くるしい(><)
なんのために出場してるかかなぁ???
マミィさんご近所うしねこちゃんのほうが
ホントずっと綺麗!!
特別参加賞のチワワちゃんを見て、
ほっとしたよ~♪
  • 2010-12-07 08:02
  • wan
  • URL
  • 編集

[C12800]

あれまぁ。。。

長毛の猫さん、どの子もボッサボサ。
かわいそうだね。うーん。
子猫や、妊娠してる子もいるんだ。
なんだかなぁ。
ケージも、きちゃないねぇ。

色んな意味でマミィお疲れ様。

[C12801]

読み応えタップリでした、今日の日記(^。^)
なんか最後の方で「もう笑うしかない」って書いてあるのがなんとなく納得…
ある意味凄いショーに行ったって感じですよね…
でも、なんか冷めただろうなぁって思いましたよ。
このショー、いつか消滅かな…ぐだぐだにもほどがあるって感じですね(ー_ー)!!
何より猫ちゃん達自身が可哀相な気が…
ショーとかってやっぱり慣れたりしたとしても絶対多少のストレスとかは付いて来るだろうしなぁ…
出場してた子達が今後も幸せやといいなぁって思う~
  • 2010-12-07 11:18
  • しゅりっち
  • URL
  • 編集

[C12802]

キャットショーもいろいろなのにゃあ。
なんかさ、キャットショーに出てお病気になったら悲しいよね・・・
ケージの床・・・チィなのかにゃあ?・・・
なんか悲しくなっちやったよ・・・

[C12803]

マミィの記事
ひゃぁ~っておもいながら
読みました
いろいろなんだね~
私は全くの素人だけど
ゲージがくっついていたり
床の清潔が?などは「基本の基」
って感じだけど~
予約がいっぱいで
出れなくて良かったね!
こわぁ~い

貴重なコメありがとう~
またイタリヤの動物情報
教えてね 

[C12804]

こんなショーがあるんですねぇ^^;
読んでる分にはとてもおもしろかったですが(笑)。
ショートはいえ、写真で見る猫ちゃん達がいつもと違う雰囲気なのが分かります^^;
「猫は自分で体を洗うものだから・・・」って、それは私たちのような一般市民が言うのなら納得できるけど、ショーでもそんなことを言う人がいるとは(@_@)

マミィさん、お疲れ様でした~~。

[C12805]

このチワワンを新種ネコだといったらどうだろうか・・・?
美梅もオッケーじゃん!
美梅もアンゴラペルシャミックスだよ!
えええええ~。
びっくりだね!
アフロディーテって何かと思ったらそうなの?う~ん。
小虎を新種の虎ネコだと登録しちゃおうかなあ~。
っていうかネコがかわいそうじゃないかという状況もちらほら…。(涙

[C12806]

クラブによってこんなに違うんだ。
かなりええ加減。
マミィさんのショーのレポートいつも見てるから
マミィさんじゃないけど「えーーー(@_@)」の連続。
最後のとうちゃんの一語につきますね。(苦笑)

[C12807]

ええええーーー!!??
クラブによってここまで違うもんなんですか!?
マミィさんのショーレポ見慣れちゃったから
素人の目でも違いがハッキリとわかりますね~!
こういうのって、規則が厳しいものだと思ってたから
なんかビックリ!
こりゃどんちゃか出場させなくて良かったね・・・。
個人的には特別参加賞のチワワがベストインショー!(笑)

[C12808]

うーん なんかすごいです。
全然わからないけど・・いい加減さだけはわかりました(苦笑) いい加減なのに自信満々な感じがおもしろすぎて恐怖です(爆)
  • 2010-12-07 22:56
  • nyapicacao
  • URL
  • 編集

[C12809]

いやぁ、最後のってチワワみたいっ!(ってそうやんけ~)
本当無知丸出しは困りますね~。
って常識が違うの!?!?!
ヨーロッパでも2ヶ月でおんもに出しちゃうとか、妊猫出しちゃうなんて信じられんっ!
なんでもありなんだね(涙)
やっぱマミィ改革だっ!いざ出陣~~
  • 2010-12-07 23:37
  • JUNJUN
  • URL
  • 編集

[C12819] Savannah

オーストラリアとか、ハワイとか、自国の野生動物保護のために、「野生猫の血の混じる猫の輸入を禁止しよう」~という方向性のところは多いです。Grandfather 条項は有効なので、過去に輸入した猫はセーフなんですが、新たに持ち込めなくなりますので、ブリードが進展しません。そもそも、野生猫の血の混じる種類の猫を「品種」として登録を認めるのも↓TICA系だけで、少数派です。
http://tica.org/public/breeds/sv/intro.php?zoom_highlight=Savannah
Savannahは、現在は未だAdvanced New Breed クラスですが、数年後にはChampionship クラスに昇格の見込み。一般にはFxxという呼び方だけですが、鰤ー等はより厳密にA/B/C/SBTを付けて区別します。直接にアウトクロスで作られたのをA-(AF3等)、両親(=過去1世代)がサバンナであるのをB-(BF3等)、祖父母以降の全て(=過去2世代)がサバンナであるのをC-(CF3等)、過去3世代の全てがサバンナであるのをSBT-サバンナ(Stud Book Traditional。最短コース=C-サバンナ同士の子供)と呼びます。どこから先をshow-statusに認めるかは猫団体毎に違う様ですが、SBT以降~という規定が多いみたいです。

F1-Savannah=♂African Serval×♀家猫(主に Bengal。逆の組合せは見た事がありません)が、意外と、F2以降はServal 柄が飛んで(=抜けて)しまうのです。ほぼ確実に残るのはF1だけです。特にF1♂は見事!身体の線もまるでServal だが、大きさも大きいのが難。ちょい前にF1♂サバンナ「ブンバ」君を飼ってるLA在住者のブログが豹柄マニア間で人気でした⇒今はブログ停止で寂しいです。写真中に「サーバルキャット」と書かれていますが、DSC_0674_20101207031419.jpg はServal 仔猫ではなく、Savannah 仔猫だと思います。http://www.kasbahcattery.com/ とか http://www.sadiespets.com/ のラインの顔が私は好きです。やっぱ。Serval を持っているところが強い!野生猫を飼う法律が緩やかな地区で、かつ、それを診てくれる獣医がいて、暖かい南部地区が中心になって交配してます。日本では「猛獣」扱いなので、一般人は、まず無理!ですけどね、Serval を飼うのは。でも、Savannah なら、輸入条件も飼育条件も家猫と同じです。

異種交配では、通常はF1♂~F3♂は繁殖能力がなく、F4♂でも少ないのですが、その少ないF4♂を始祖としてそこから数えて4世代目のF7が最初のSBTである場合が多いようです。マミィさんが「ベンガルはF7までショーには出せない」と書かれているのは「ベンガルはSBTでないと出せない」という意味です。「野生の猫と掛け合わせた種は4代目の子供までショーへ出す事は禁じられているはず」というのは、「♂に繁殖能力のないF1~F3世代は、New Breed クラスにも出せない」という意味です。でも、三毛猫の♂と同じ原理で、正常な生殖能力のあるF世代(=F1~F3)の♂Savannah は居ます。F1♂でServal 模様の残っている個体で生殖能力があると、1千万円~!とかいう値段ですが、それを始祖にした4世代目だとF4でもSBTに成りえます。実際、ベンガルにはそういう子も居たようです。
  • 2010-12-08 16:02
  • ocelot
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

キャットショー行ってきたけど・・・

週末みんなのところに遊びに行けなくってごめんなさ~い!
土日とも、友人が出場しているキャットショーに朝から晩まで入り浸ってました~。
ちょっと無理して行ったので、昨日は又ぐったり~…
通常営業に戻るまで、もうちょっとお待ちくださいね!


さて一昨日のブログの写真の、タワーのチューブに何が入っているかという質問…
私も全然気にしてなかったんで、言われてから見てきました。
これ、ネコベッドのクッションっす。
こないだズッピーにしっこされて洗ったけど、中敷のクッションだけ先に乾いて周りが乾いてなかったので
お手伝いさんが置き場に困ってここに突っ込んどいたらしい。
翌日はなくなってました(うちでは良くあることです…)。




*****




さーて、週末ローマの国際空港近くのフィウミチーノというところで開かれたキャットショーのレポートです。
このショーは、私たちが属しているANFI/FIFeという協会ではなく、
WCFというドイツの猫協会に所属しているイタリアのローカル猫クラブAFIが主催したものでした。
別に自分のクラブじゃないから、とやかく言うわけではないけど、
あまりにオロドキと衝撃の連続だったので、こういう現実もあるんだ!という事を書いてみたいと思いま~す。


開催されたのはホテルのホールで、200頭弱のにゃんずが出場してました。

DSC_0965.jpg




友達ブリーダーと参加しようね~と言ってたのですが、会場のスペースの都合で
締め切り前に予約が一杯になってしまい、出場をあきらめたという経緯は既に書いた通り。
しかし、いざ行ってみたら、空ケージが一杯あるぞ????

で、出場者の一人にバン猫を飼っている事を話したら「バン猫はこのショーでは見たことないから
主催者と話をすれば、明日はスペースを見つけてくれるよ!」という事になってしまった~!
案の定主催者は「バン猫?スペースはなんとかするから連れてきて~!」というノリ・・・
勿論丁重にお断りしましたが・・・
だって、みんなに聞いたらチェックインのときの獣医師のコントロールもないっていうし、
ケージの仕切りが柵状で(普通は壁状)見知らぬ猫とくっつき放題。


こんな風↓に…

DSC_0887_20101207031452.jpg

しかも、とうちゃんが審査員の後ろのケージが常に消毒されていないのを目撃してたいたんで、
うちの子を連れてくる気にはならなかった~!(ケージの床のきちゃなさに注目ー!)








今回は、仲良くしているスコ、ブリティッシュ、NFC、メインなどのブリーダーが出場していたので
その応援ってことで、しっかり2日とも行って来たんですが・・・
そうそう、ティティ家のメンバーも見学に来てましたよ。
しかし、一緒に会場を見て回って、皆でびっくら~~!
まず、出ている猫がきちゃない!!

DSC_0950_20101207031507.jpg

なんかラドールっぽくない感じ…
(勿論協会に寄ってスタンダード屋好みは若干違いますが…)





DSC_0947_20101207031507.jpg

ううう…白はグルーミングが命なのに…(ぼさぼさ)。







いつシャンプーしたの?という毛玉ができてそうな猫や、黄色い白猫、被毛がべとべとの子の満員御礼。
なんだか写真を撮る意気もすっかりなくなっちゃいましたー。
写真を撮った子は、結構ましな方の子達でーす。

DSC_0877_20101207031452.jpg

この子はハイランドフォールド、スコティシュホールドの長毛です。
まだ8ヶ月齢の男の子。
もちっと、グルーミングしてあげたら良かったのにね-・・・







私達のクラブに登録している知っているブリーダーさんも出場していたけど、
このクラブの猫たちとのグルーミングの差は一目瞭然だった~!

DSC_0968_20101207032121.jpg

ちなみに奥の白ペルシャンは私達のクラブの会員です。


2週間前、私達も出場したのローマでのショーに出場していたという、
このクラブのNFCを見てぶっとびますた~!(写真はないです)。
毛が毛玉状態だったんですが・・・でも子猫ちゃんがノミネーションされてた~!!!
うちのクラブのショーでは、審査員に「この猫洗ってませんね?」って聞かれて
「洗ってませんけど、何か??」という態度だったんで、
審査員が「ショーは猫の美しさを競うものなんで洗って来てださいね」と言ったら
「猫は自分で体を洗うものだから」と答えたそうだ・・・
猫ちゃんは失格になってました。
今回連れてきたこ猫ちゃんを見たらなんだかガリガリ・・・で、すごく小さい。
月齢を聞いてみたら、2ヶ月だって~!!!
このクラブでは、ベイビーというカテゴリーがあって3ヶ月以下の子猫も出場できるらしい
(うちのクラブは最低3ヶ月齢だけど4ヶ月齢以降の参加を推奨している)。
2ヶ月というとはじめてのワクチンをしたばかり・・・2回目のリコールワクチンもしていないので、
まだ抗体が安定していないはず。
友人のエキスパートのブリーダーに「子猫の部屋には靴を脱いで入ること(外から菌を持ち込む恐れがあるから)、完全にワクチンが済むまでは
訪問者には子猫は触らせないこと」をしつこく言われていたので、またまたどひゃーっ!
(一応うちは土足禁止だけどね)


ちなみに、今回のショーに出場してた、うちのクラブのメインクーンのブリーダーは
グルーミングがへぼへぼな事で知られているんだけど、
今回のショーでは、光り輝いていたよ!







そうそう、一緒に行った友人が「ターキッシュアンゴラが出てるよー!」というので見に行って
オーナーさんと話してみたら・・・何とのこの子も2ヵ月半・・・

DSC_0806_20101207031452.jpg

手前のキャンディーと比較すると大きさがわかると思うけど、キャンディ3個分くらいの大きさだよー!


「ターキッシュアンゴラをイタリアのショーで見るのははじめてですよ」と言ったら
「この子は、アクシデントで生まれちゃった子で、実はお父さんはペルシャ、
お母さんがアンゴラなんですよ」って・・・へ?
「じゃあ、ぺディグリーなしの家猫での参加なんだな~」と思っていたら、
しっかり純血のターキッシュアンゴラとしてショーに出場してたぞ!おい!
(1日目ベイビークラスのベストインショー受賞・・・)。
しかもカタログには、ブラックスモークって書かれてたけど、カラーはブラックだよ!!
(頭の色を見ればスモークかブラックかはすぐかわかる)
納得いかな~い!!







で、またまたびっくらしたのは、サバンナキャットのオーナーと話をした時・・・
サバンナは野生猫サーバルと家猫を掛け合わせた新種なのだけど、
今回連れてきたたメスはF2(2代目の子供)だって。

DSC_0674_20101207031419.jpg







模様はこんな感じ…

DSC00583.jpg

確かに美しいけど…この子のおじーちゃんかおばーちゃんはサーバルキャットっつー事なのね~!!
しかし・・・野生の猫と掛け合わせた種は法律で4代目の子供までショーへ出す事は禁じられているはず・・・
ベンガルはF7までショーには出せないのに・・・いいのかっ???







オスはF5でした。

DSC00578.jpg







こちらは、

DSC00580.jpg

ちなみにオスはF5(5代目の子供)になるまで、生殖能力がありません(メスはF1から繁殖できる)。
サーバルキャットについてのこんなのを見つけました→
こんなのも→







なんだか悶々としながら、今回のショーのもう1つの目玉、アフロディーテを見にいってきました。
アフロディーテはキプロス島の土着猫で、キプロスの猫クラブが新種としてプロポートをしているらしい。
事前にネットで検索してみたら、古代からいる猫でバン猫との関係なども取り上げられていたので
とっても興味があったのだけど・・・第一印象は・・・き、きたない!

DSC_0728_20101207031418.jpg








うちの近所の度と猫ちゃんのほうが綺麗かも・・・

DSC_0826_20101207034836.jpg

どうですか???







DSC_0752_20101207031452.jpg

スタンダードを聞いてみたけど「まだ決まってない」という返事・・・
うー・・・スタンダードが決定してないのに新種って認めちゃうワケ~???
しかも3匹のうちメス1匹が妊娠中だという。
妊娠した猫はショーに連れてきちゃダメだってばー!
で、一緒にケージに入ってたオスとの子供かどうか聞いたら「わからないけど、たぶんそう」だって・・・
どーん・・・







この子は前日にドイツからやって来たニューエントリーだそう。

DSC_0761_20101207031452.jpg

でも、1日前に着たばっかりで旅のストレス溜まってる子は普通翌日ショーには出さないよなぁ・・・


この猫は、バン猫と同じで夏は毛がすっかり抜け落ちて短毛猫のようになって、冬はふさふさの長毛になるらしい。
この猫の冬毛で作ったという、猫セーターを見せてくれた。
「夏に短毛になるって事は、アンダーコートがないんですね?」と聞いたら
「セミロングヘアーの猫は全てアンダーコートがないですよ。だからセミロングって言うんですよ」って・・・
えーーーーーーーーーっ?!
横で尻をむずむずさせながら聞いていたとうちゃんが我慢しきれずに「それは間違ってる」と言ったら、
「あなた、猫のことをあまり知らないんですね」と言われた。
「ブリーダーなので、基本知識はあると思います」と反論したとうちゃんに
「あ、ボクは審査員ですから・・・」だって。
えーーーーーーーーーっ!!
審査員がセミロングのカテゴリーの基本も知らないのかーっ????
あまりに力が抜けたので、写真を撮らせてくれたお礼を言って退散した。
(後で別の人に聞いたら、それは大ウソで、審査員のコースの入学テスト落ちした人だそう・・・ははは)。
しかし、新しいブリードをプロモートしようとしている人間がこんなんで・・・いいのかーっ????








気を取り直して、友人の猫の応援をするために審査を見に行ったら・・・
なんと!!参加登録はしたけれど、今回は連れてこなかった友人の猫がノミネーションされて、
呼び出されてる!?
えーーーーーーーーーっ??
友人いわく「初日も、2日目も何度も呼び出されて、不参加という事を100回位伝えた」そうだ。
っーことは、別の猫の番号と書き間違えて、ノミネーションされるべき猫がノミネイトされなかったって事???
ま、人間だから間違えもあるわね・・・と更に気を取り直して見ていたら。
ベストオブショーを選ぶ審査で、2頭の猫に同数の票が入ったんだけど、司会をしていた主催者のおばちゃん、
審査員にむかって「同点なので、票を変えたい人いますかー?」って・・・
えーーーーーーーーーーっ??
審査員って投票した後、結果を見て票を変えてもいいのぉーーー????
もう、ここまで来たら笑うしかなかった・・・


ところがエピソードはまだあるのだ!
ショーの最後に2日間を通してのベストオブベストオブベスト、スーパーベストと言う賞があったのだが、
通常これは2日間の結果のポイントを集計して出すはず・・・なのに・・・
ここでは、1日目と2日目のベストインショーの受賞猫が呼び出されて、再び審査員の投票・・・?????
そしたらなんと4匹の猫に1票づつ票が分かれてしまった。
えーーーーーーーーーっ??
ということは、さっきベストを選んだ審査員が、数分後には別の猫に投票したってこと??
あーん、もう、わからないっ!
結局勝者はくじ引きで、前日も2日目もベストオブベストを獲得できなかったアビがスーパーベストに選ばれました。

DSC_0666_20101207033244.jpg

とうちゃん、思わず「何じゃこりゃ、村祭りの抽選会か?」って言ってました。
まあ、何事も経験というけれど、久々におったまげ続きの週末でしたよ・・・ちゃんちゃん。







特別参加賞

DSC_0931_20101207060158.jpg







明日は、出場していた、お友達のニャンズをご紹介しまーす。
心配しないで、今日みたいな事はありませんから!!


ぽちっとお願いしまーす(携帯の方は<こちらから)
9184a21d1f276685e02e532ba8d2d367.gif
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zukkopi.blog20.fc2.com/tb.php/714-5226ebe5

トラックバック

コメント

[C12793]

ひえーーーっ!キャットショーって言うのはもっと厳格で神聖なものかと思ってたら
なんてアバウトな・・・(笑)
もしかしたらうちのキヨもMCですーって言ったら出場できたかもね(笑)
ドブ出身なのに∴ゞ(>ε<*)プッ!!
んで?軽くしつもーん
キャットショーなのに、なぜチワワンが?!
猫ちゃんたち興奮しないのかな?
あ、チワワンくらい猫パンチでギャフン?(笑)
でもでもードイツからやってきたニューエントリーちゃん・・・好み(*’v`丱)☆+゜
  • 2010-12-07 01:10
  • hanako
  • URL
  • 編集

[C12794]

素人の私が話を聞いてても「え?え?良いの?」と慌てちゃう(笑)
ズッピーちゃん達が出場してるショーが基準だからビックリした!
しっかり手入れしてあげて、自分の仔達だけでも知識があって
選び抜かれたブリーダーさんとネコちゃんが集まるのがショーかなって....
ショーも出場者もいい加減だわ。
ネコちゃん達は可愛いのに~
ペット自慢の延長っぽく見える~
マミィさんのお知り合いのペルシャンちゃん、光り輝いてる(涙)

[C12795]

うわぁ・・・
ショックー。
コレはある種の虐待といってもいいんじゃないの~?
こーいうの見るとホントにいやになっちゃう。
妊娠してる子なんて・・・ひどいよ。
野生種の問題も・・・
許せない。

[C12796]

・・・・ある意味凄い......
ちゃぶ台ひっくり返すレベルじゃないね><
これって虐待に近いんじゃ?何が目的?なんか腹が立ってくるわ。
駅ビルの猫の日イベントでももっとマシかも。
こういう協会やショーを監視/指導/規制する機関ってないのかしら?

[C12797]

ご近所と身内の寄り合いなんですかね…?
だからきちゃないとか、ノーグルーミングとか…。
全く詳しくない私でも、2ヶ月は出したら駄目だろう!と突っ込み。
しかしサーバルキャット、非常になんと言うか、ノーコメント。可哀想だわ。

[C12798]

何か、出場したら病気を貰って来そうな
感じですね・・・
ここまでめちゃくちゃなショーを開催しても
許されると言うのが凄いな!
規制というか取締りというか
何か出来ないものですかねぇ・・・・・・

[C12799]

ケージの消毒が行き届いてなかったり
2ヶ月のちびっ子や妊娠してる子...
それに猫は自分で体を洗うものだからって
失格になってしまった子まで.....
かわいそうでく・くるしい(><)
なんのために出場してるかかなぁ???
マミィさんご近所うしねこちゃんのほうが
ホントずっと綺麗!!
特別参加賞のチワワちゃんを見て、
ほっとしたよ~♪
  • 2010-12-07 08:02
  • wan
  • URL
  • 編集

[C12800]

あれまぁ。。。

長毛の猫さん、どの子もボッサボサ。
かわいそうだね。うーん。
子猫や、妊娠してる子もいるんだ。
なんだかなぁ。
ケージも、きちゃないねぇ。

色んな意味でマミィお疲れ様。

[C12801]

読み応えタップリでした、今日の日記(^。^)
なんか最後の方で「もう笑うしかない」って書いてあるのがなんとなく納得…
ある意味凄いショーに行ったって感じですよね…
でも、なんか冷めただろうなぁって思いましたよ。
このショー、いつか消滅かな…ぐだぐだにもほどがあるって感じですね(ー_ー)!!
何より猫ちゃん達自身が可哀相な気が…
ショーとかってやっぱり慣れたりしたとしても絶対多少のストレスとかは付いて来るだろうしなぁ…
出場してた子達が今後も幸せやといいなぁって思う~
  • 2010-12-07 11:18
  • しゅりっち
  • URL
  • 編集

[C12802]

キャットショーもいろいろなのにゃあ。
なんかさ、キャットショーに出てお病気になったら悲しいよね・・・
ケージの床・・・チィなのかにゃあ?・・・
なんか悲しくなっちやったよ・・・

[C12803]

マミィの記事
ひゃぁ~っておもいながら
読みました
いろいろなんだね~
私は全くの素人だけど
ゲージがくっついていたり
床の清潔が?などは「基本の基」
って感じだけど~
予約がいっぱいで
出れなくて良かったね!
こわぁ~い

貴重なコメありがとう~
またイタリヤの動物情報
教えてね 

[C12804]

こんなショーがあるんですねぇ^^;
読んでる分にはとてもおもしろかったですが(笑)。
ショートはいえ、写真で見る猫ちゃん達がいつもと違う雰囲気なのが分かります^^;
「猫は自分で体を洗うものだから・・・」って、それは私たちのような一般市民が言うのなら納得できるけど、ショーでもそんなことを言う人がいるとは(@_@)

マミィさん、お疲れ様でした~~。

[C12805]

このチワワンを新種ネコだといったらどうだろうか・・・?
美梅もオッケーじゃん!
美梅もアンゴラペルシャミックスだよ!
えええええ~。
びっくりだね!
アフロディーテって何かと思ったらそうなの?う~ん。
小虎を新種の虎ネコだと登録しちゃおうかなあ~。
っていうかネコがかわいそうじゃないかという状況もちらほら…。(涙

[C12806]

クラブによってこんなに違うんだ。
かなりええ加減。
マミィさんのショーのレポートいつも見てるから
マミィさんじゃないけど「えーーー(@_@)」の連続。
最後のとうちゃんの一語につきますね。(苦笑)

[C12807]

ええええーーー!!??
クラブによってここまで違うもんなんですか!?
マミィさんのショーレポ見慣れちゃったから
素人の目でも違いがハッキリとわかりますね~!
こういうのって、規則が厳しいものだと思ってたから
なんかビックリ!
こりゃどんちゃか出場させなくて良かったね・・・。
個人的には特別参加賞のチワワがベストインショー!(笑)

[C12808]

うーん なんかすごいです。
全然わからないけど・・いい加減さだけはわかりました(苦笑) いい加減なのに自信満々な感じがおもしろすぎて恐怖です(爆)
  • 2010-12-07 22:56
  • nyapicacao
  • URL
  • 編集

[C12809]

いやぁ、最後のってチワワみたいっ!(ってそうやんけ~)
本当無知丸出しは困りますね~。
って常識が違うの!?!?!
ヨーロッパでも2ヶ月でおんもに出しちゃうとか、妊猫出しちゃうなんて信じられんっ!
なんでもありなんだね(涙)
やっぱマミィ改革だっ!いざ出陣~~
  • 2010-12-07 23:37
  • JUNJUN
  • URL
  • 編集

[C12819] Savannah

オーストラリアとか、ハワイとか、自国の野生動物保護のために、「野生猫の血の混じる猫の輸入を禁止しよう」~という方向性のところは多いです。Grandfather 条項は有効なので、過去に輸入した猫はセーフなんですが、新たに持ち込めなくなりますので、ブリードが進展しません。そもそも、野生猫の血の混じる種類の猫を「品種」として登録を認めるのも↓TICA系だけで、少数派です。
http://tica.org/public/breeds/sv/intro.php?zoom_highlight=Savannah
Savannahは、現在は未だAdvanced New Breed クラスですが、数年後にはChampionship クラスに昇格の見込み。一般にはFxxという呼び方だけですが、鰤ー等はより厳密にA/B/C/SBTを付けて区別します。直接にアウトクロスで作られたのをA-(AF3等)、両親(=過去1世代)がサバンナであるのをB-(BF3等)、祖父母以降の全て(=過去2世代)がサバンナであるのをC-(CF3等)、過去3世代の全てがサバンナであるのをSBT-サバンナ(Stud Book Traditional。最短コース=C-サバンナ同士の子供)と呼びます。どこから先をshow-statusに認めるかは猫団体毎に違う様ですが、SBT以降~という規定が多いみたいです。

F1-Savannah=♂African Serval×♀家猫(主に Bengal。逆の組合せは見た事がありません)が、意外と、F2以降はServal 柄が飛んで(=抜けて)しまうのです。ほぼ確実に残るのはF1だけです。特にF1♂は見事!身体の線もまるでServal だが、大きさも大きいのが難。ちょい前にF1♂サバンナ「ブンバ」君を飼ってるLA在住者のブログが豹柄マニア間で人気でした⇒今はブログ停止で寂しいです。写真中に「サーバルキャット」と書かれていますが、DSC_0674_20101207031419.jpg はServal 仔猫ではなく、Savannah 仔猫だと思います。http://www.kasbahcattery.com/ とか http://www.sadiespets.com/ のラインの顔が私は好きです。やっぱ。Serval を持っているところが強い!野生猫を飼う法律が緩やかな地区で、かつ、それを診てくれる獣医がいて、暖かい南部地区が中心になって交配してます。日本では「猛獣」扱いなので、一般人は、まず無理!ですけどね、Serval を飼うのは。でも、Savannah なら、輸入条件も飼育条件も家猫と同じです。

異種交配では、通常はF1♂~F3♂は繁殖能力がなく、F4♂でも少ないのですが、その少ないF4♂を始祖としてそこから数えて4世代目のF7が最初のSBTである場合が多いようです。マミィさんが「ベンガルはF7までショーには出せない」と書かれているのは「ベンガルはSBTでないと出せない」という意味です。「野生の猫と掛け合わせた種は4代目の子供までショーへ出す事は禁じられているはず」というのは、「♂に繁殖能力のないF1~F3世代は、New Breed クラスにも出せない」という意味です。でも、三毛猫の♂と同じ原理で、正常な生殖能力のあるF世代(=F1~F3)の♂Savannah は居ます。F1♂でServal 模様の残っている個体で生殖能力があると、1千万円~!とかいう値段ですが、それを始祖にした4世代目だとF4でもSBTに成りえます。実際、ベンガルにはそういう子も居たようです。
  • 2010-12-08 16:02
  • ocelot
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

過去ブログ

http://zukkorin.exblog.jp
から引っ越してきました。

参加ランキング

にほんブログ村 猫ブログへ

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

怪獣たちのプロフィール



ズッコ (ズッコピー、ズッピー)♂
2008年8月28日生
ターキッシュヴァンキャット
(クリーム/ホワイト)


ゴマシオ(ゴマチン、おやびん)♀
2003年11月生
元野良ちん
(牛柄、月面模様、背番号3番)


ピッピ (パリス)♀
2009年3月17日生
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

★組怪獣
可愛い写真は「家族の紹介」で見てね

ヴォルフィ (ボンボ)♂
1989年9月9日-2008年12月19日
19歳4ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)


スタンツィ (タッタ)♀
1989年9月20日-2008年10月14日
19歳1ヶ月で虹の橋へ旅立ちました
ターキッシュヴァンキャット
(レッド/ホワイト)

飼い主のプロフィール

ズッコのマミィ

Author:ズッコのマミィ

WINN FELINE FOUNDATION

Every Day, Every Catがモットーの、猫の健康を向上するためのリサーチのサポートをする基金です


NPO法人 ペット里親会

ブリーダーの虐待を阻止しよう
urawa.gif

いつでも里親募集中

一匹でも多くの子が幸せになれるように
いつでも里親募集中

全国助成金リスト

犬・猫の避妊及び去勢手術に対する全国市町村助成金リスト
120x60_08.png

LAV - イタリアの動物愛護協会

色々なキャンペーンを提案しています
LAV.jpg

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

巨猫団

遂にズッピーも入団
024.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Gremz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。